国立商店BLOG

モバイルバッグカンパニー 国立商店の公式ブログ

*

手帳型フラップカバーケースはどうやって作られる? 写真でご紹介。

      2017/05/09

手帳型フラップカバーケース for iPhone 7/Plusですが、お陰様で沢山の方にお買い求めいただいています。どうも有り難うございます。

本品は「こだわって選定した厚めの牛革を一枚革で仕立てている」ところに特徴があるのですが、今回その革を抜き出すための刃型をご紹介します。
普段なかなか見ることができないパーツだと思いますので、じっくりご覧くださいませ。

まずは、抜き全体像。
左上に見える長方形の刃型により、革をざっくり大断ちします。
その後にその下に見える刃型により、フラップカバーケースとしてもう一度抜き出します。

 
抜き出したものがこちら。写真はグリーンのブライドルレザーモデルです。
カメラホールと、スナップボタン取付け用の穴が開いているのが分かります。

 
内側の赤い型押しレザーも一枚革です。隣にあるiPhone 7との大きさを比べてもらうと分かりますが、ギリギリというわけでなく、かといって大きすぎない絶妙なサイズにしています。
この一枚革でiPhoneをくるっと一巻きして包み込むというイメージ、分かりますでしょうか?

 
カメラホール部分。ずれることがないように、本体パーツと一緒に抜き出せるようになっています。

 
 
こちらは、パワーサポート社のエアージャケットを固定しておくための台座パーツを抜き出すための刃型。
エアジャケもそのまま取り付けているわけではないのです。(接着面との相性問題がありまして、実はかなり苦労した部分です。)
おっと、「6」の文字も見えていますね。(笑)

 
 
こちらは、内側の左側に付くカードケーススリット付きポケット部分。
刃の方を上にして撮影してありまして、カードスリット両サイドに開いた小さな丸い部分に赤い革が詰まっているのが分かると思います。

 
こうして抜き出した革パーツを、次は職人さんたちの手によって一針入魂で縫い合わせ、革の断面にコバを塗り、最後に職人さんによる検品を経た上で皆様のお手元にお届けしています。
自然素材である革が相手ですので、革の状態はもちろんまちまち。出来上がってくるフラップカバーケースは全てが微妙に違います。
お届けするものをぜひ可愛がってください。
皆様からのご注文をお待ちしています。

<リンク>
手帳型フラップカバーケース for iPhone 7(4.7インチ)
手帳型フラップカバーケース iPhone 7 Plus(5.5インチ)

 - こぼれ話, 製品情報 , ,