国立商店BLOG

モバイルバッグカンパニー 国立商店の公式ブログ

*

【長期モニター】MacBook 12インチ(2015)

   

久しぶりにMacBookの話。私遠藤、相変わらず初代MacBook(Early-2015)を使っています。
CPUもメモリーも今となっては時代遅れ感すら漂いますが、相変わらず何の不都合もなく、通常業務の殆どをこなせる頼もしい相棒として、主に出先で活躍中です。
重量1kgを切ったMacOS搭載デバイスというのは有り難い存在ですね。

もっとも、1kgを切っているとはいえ、色々なものと一緒にカバンに詰め込むとけっこう重いなと感じるのも事実。最近は10.5インチiPad ProやGemini PDAがその役割を果たすこともあります。持ち出す際には、いかに荷物を少なく&軽くするかがポイントですね。
持ち出す際のデバイスの保護は、「職人が作るレザースリーブ」の一番薄くて軽くて丈夫なブライドルレザーモデルに任せます。主にスクラッチガード的役割を果たしてもらっている訳ですが、(自画自賛ながら)これがあると心理的安心感も絶大です。

以前よりも持ち出し頻度が少なくなったため、MacBookにもスリーブにもそれほどの「ヤレ」は出ていません。
スリーブは使う前に手でさっと表面をなで、メンテはそれで終了です。それだけで1年ほど使い続けていますが、元々油脂分をたっぷりと含んだ革のため、それで十分です。(ちなみに言うと、革に含みきれなかった油脂分がブライドルレザー表面の「ブルーム」です。)
しっかりとMacBookの型が付き、スッと収納してそのままフィットする感じが気持ちいいです。

スリーブ裏面。MacBookのゴム足の跡が付きました。

 

現行モデルと変わらないスタイルなので、人前で開いた時になぜか感じてしまう型遅れの引け目(?)もありません。この先まだ数年使えそうなので、同じ筐体を維持して欲しいなというのが一ユーザー心理ですね。

<リンク>
職人が作るレザースリーブ for MacBook / Pro(国立商店 ストアページ)

 

 

 - レビュー・モニター, 店長日記, 職人が作るレザースリーブ for MacBook(12インチ)