【試作中】Surface Go & iPad Pro 兼用レザーケースを作ってみた。(その2)

先日より試作を進めているSurface Go + Surface Go タイプ カバー またはiPad Pro + Smart Keyboard が収納できるフラップカバーケース(仮称)の1stサンプルの仕様修正を行うため、実機を持ち込み職人さんの工房で打ち合わせしてきました。
今回はその様子をお伝えします。

今回話し合った点は、以下:
■かぶせ(ふた)のサイズと形状の修正
■Surface ペンまたはApple Pencil収納用ゴムバンド製ペンホルダーの位置決め

ケースそのもののサイズ感は申し分ないものの、かぶせ(ふた)部分に関してサイズ修正の必要性を感じています。
具体的には、かぶせ部分をケースの内側に入れ込む際に、かぶせの幅が広すぎるために、ちゃんと収まらない/納めるために何度も手間をかけて押し込む必要があるので、幅を削ってうまく収まるようにしたいな、と。
ということで、今回は作り直しではなく1stに修正を加えることにしました。

作業はこんな感じで進みました。
具体的な削り幅を決めるために、削りたい位置にテープを貼る。 → その上から、カットするラインをペンで書きこみ。
カットする部分が決まったら、あとは実作業となります。
ステッチを解き不要部分をカットして、縫い直した上でコバを塗って修正完了となります。とても集中力を要する作業となるため、後日対応してもらいます。

かぶせ部分の具体的な削り幅を決めるために、実際に削りたい位置にテープを貼ります。

クローズアップ。「こんなラインにする」と書いてあります。

 

次に背面内側、デバイスを収納したちょうど上くらいの位置にペンホルダーを付けたいと思っており、サイズ出しと位置決めをしました。
素材は50mm幅のゴムバンドを使います。
こちらは実際にペンホルダーのサンプル作り、仕様を確認しながら進めてみました。

ゴムバンドを折り、径の大きさを決め、ステッチを入れる部分を考え作業。

ペンホルダー完成図。

Surface ペンとApple Pencilでは太さが違うのですが、細いApple Pencilに合わせることにします。Surface ペンは押し込んで入れるような感じですね。
ペンホルダーは革に直付けとなります。背面を見ると縫い跡が見えるのですが、これは仕様上やむなしとなります。

次回アップデートでは、修正を済ませたサンプルが紹介できたらと思っています。
楽しみにお待ちくださいませ。
 

<リンク>
【試作中】Surface Go & iPad Pro 兼用レザーケースを作ってみた。 | 国立商店BLOG(検索結果一覧)

※製品化はまだ未定です。
製品化ご希望の方は是非コメント、ツイートorいいね!をお願いします。
 

【試作中】Surface Go & iPad Pro 兼用レザーケースを作ってみた。(その2)」への6件のフィードバック

    1. 店長 投稿作成者

      修正が終わりましたら、実際に使用(試用)して使い心地等検証しようと思っています。
      また紹介させていただきますね。
      有り難うございました。
      店長 遠藤

      返信
  1. 山本

    今持ってるMacBookPro用15インチ用とセットで使って見たいと思いました。
    製品化されるのをお待ちしてます。

    返信
    1. 店長 投稿作成者

      コメント有り難うございました。
      うまく製品化までこぎ着けるといいのですが、続報のご案内までもう少しお待ちくださいませ。
      店長 遠藤

      返信
  2. JO

    ペンシルバンドが、ゴムというところがいいですね。カバーをつけているので。。

    iPad2018には対応しますでしょうか?

    製品化楽しみにしております!

    返信
    1. 店長 投稿作成者

      かぶせ部分を修正したモデルが仕上がってきましたので、近日ご紹介いたしますね。お楽しみにどうぞ。
      iPad9.7″はiPad Pro10.5よりもサイズが小振りですので、大きなサイズの背面カバーなどを付けていない限りは問題なく収納可能だと思います。(数字からの判断となり、実際の収納は確認していませんのでご了承ください。)
      店長 遠藤

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です