国立商店BLOG

ジャパンクオリティーのオリジナル製品を作ります。

*

13枚の写真で紹介する 職人が作るレザースリーブ Kindle Oasis用 ブラック(ボックスカーフ)

   

13枚の写真で紹介する 職人が作るレザースリーブ Kindle Oasis用 ブラック(ボックスカーフ)

このKindle Oasis専用レザースリーブには、全4種類のラインナップのうち、ブラックのレザーを使ったモデルが2種類あります。
1つが「エンボスブラック」という国産の型押しレザーを使ったリーズナブルなモデル、もう1点が「ブラック(ボックスカーフ)」というフランス産カーフレザーを使って作るモデルです。
このボックスカーフは、革の表面に細かなシボ加工が施されていて、そのシボが光に反射することで上品な雰囲気を醸し出してくれるというハイエンドレザーです。さすがフランス!さすがアノネイ社!
今回このボックスカーフモデルを13枚の写真と共に紹介します。
ぜひご覧ください。

前面入り口中央部は、指をかけるために一段下げてゆるくカーブを付けてあります。
デバイスを引き出したら、ラグとして使えます
革表面に見えるのが水シボと呼ばれる型押し。本品では、横または縦にシボが走るように革を切り出しています。
小さく「kunitachi」と入れてある方を背面側としていますが、どちらを前面(背面)にして使っても大丈夫な仕様です
Kindle Oasisはデバイス背面に大きな段差があるため、スリーブへの収納時に内側から張り出し、使う程に革にあたり(跡)が付くので、前背面の方向を決めて入れるのが良いです
電源スイッチは、スリーブのデッドスペース部分にうまく隠れます
内側は1.0mm厚のマイクロファイバー貼り合わせ(レザー自体は1.2mm厚前後)


いかがでしょうか?
店長の撮影につき写りは少し微妙ですが、雰囲気は掴んでもらえたと思います。
長く使える品ですので、ぜひじっくりと付き合ってみてください。
皆様からのご注文をお待ちしています。

<リンク>
職人が作るレザースリーブ Kindle Oasis 用(国立商店 ストアページ)

 - 職人が作るレザースリーブ, 製品情報 ,