収納確認」カテゴリーアーカイブ

【収納確認】レザースリーブ iPad Pro用 + MOFT X 多機能タブレットスタンド・Snap-On タブレットスタンド

MOFT社のタブレットスタンドを「職人が作るレザースリーブ iPad Pro用・ジャストサイズモデルに装着したまま収納できますか?」というお問い合わせをもらいましたので、実際に収納しました。

結果は、2点ほど注意点はあるものの、収納可能です。
一点目は、出し入れ時に関して、時々スタンドを入り口に引っかけてしまうことがあること。
もう一点は、タブレットスタンドを装着したまま収納すると、スタンドの形状に沿って跡が付いてしまうこと。これは型押しレザーに比べて、ブライドルレザーモデルは特に目立ちます。
使用上は問題はないものの、ポコッと張り出すので、一旦気になり出すともう目がそこにばかり行きがちです笑
また、張り出している部分は、置いていてもバッグの中に収納していても擦れてしまいがちです。

以下実際の収納写真をご覧くださいませ。

左:MOFT X 多機能タブレットスタンド+iPad Pro11インチ
右:Snap-On タブレットスタンド+12.9インチiPad Pro
手前:MOFT X 多機能タブレットスタンド+iPad Pro11インチ
レザースリーブ=ジャストサイズ エンボスブラック(国産型押しレザー)
奥:Snap-On タブレットスタンド+12.9インチiPad Pro
レザースリーブ=ジャストサイズ ネイビー(ブライドルレザー)
左:ジャストサイズ ネイビー(ブライドルレザー)
左:ジャストサイズ エンボスブラック(国産型押しレザー)
右:ジャストサイズ ネイビー(ブライドルレザー)
どちらもiPad ProにMoftスタンドを貼って収納しています。

MOFT社のタブレットスタンドは、iPad を素のまま使っているユーザーにはもはや必須アイテムなのでは?といえるほど便利ですよね。私店長も個人的に使っております。
デバイスの保護に当店のレザースリーブをご利用の上、MOFT社のタブレットスタンドを便利に使ってみてはいかがですか?

<リンク>
職人が作るレザースリーブ 11インチiPad Pro・12.9インチiPad Pro用(国立商店 ストアページ)

<参考>
・MOFT X 多機能タブレットスタンド(9.7インチ通常サイズ)=スタンド背面に接着剤がついていて、貼り付けたままにしておくタイプ。
・Snap-On タブレットスタンド=スタンドに付属の四角いマグシールを介してスタンドを貼り付けるタイプ。
MOFT社WEBサイトリンク(別ページで開きます。)

10.9インチ iPad Airは11インチiPad Pro用レザースリーブにジャストフィットで収納可能です

新しい第4世代iPad Airが発表されました。11インチiPad Proに寄せた外観を持ち、今まで以上にスマートな印象になりました。
第2世代のApple PencilやMagic Keyboardも使えるし、Proとの値段の差を考えると、このAirかなり魅力的に映りますね。大人気になりそうな予感です。
ただ、無理やり差異を付けたのかなと疑ってしまいそうなほんのわずかなディスプレイサイズと解像度の差は個人的にはちょっとモヤモヤしますね。(こんなちょっとの差なら同じにして欲しい。)

外観上は11インチiPad Proと良く似ていますが、実際にサイズ感もほぼほぼ同じです。
5.9mmのiPad Proに対して、0.2mmだけ厚い6.1mmの厚み以外は、縦横サイズはProと同じ。
当店の「職人が作るレザースリーブ」も11インチiPad Pro用がジャストフィットで収納可能ですよ。
またMagic Keyboardと一緒に持ち運ぶ場合には、「レザースリーブ 11インチiPad Pro +Magic Keyboard対応サイズ」が最適サイズです。

充実したiPad Airライフをお過ごしください。

<リンク>
国立商店 職人が作るレザースリーブ 11インチiPad Pro用

Google Pixel 4a が収納できるレザースリーブはこちら

むちゃくちゃリーズナブルなのにカメラ性能はハイエンド並みのコンパクトなGoogle社製デバイスPixel 4aが(やっと、本当にやっと)発売されました。
当店でも実機を入手しまして、現在販売中のレザースリーブへの収納確認をしてみました。

結果、iPhone SE(第2世代)モデル用のレザースリーブに収納できることが確認できました。
以下、写真を撮ってみましたのでご覧ください。

ケースを装着しない「素」の状態のPixel 4a を収納したところ
iPhone SEは背面ケースを装着した状態で丁度よい収納感ですが、Pixel 4aは素の状態でピッタリサイズです。(背面ケースを装着すると収納できませんのでお気をつけください。)
上方から撮影
入り口付近。iPhone SE収納時に比べて、上辺ギリギリです。
ブラウンモデル。こちらの方が革が柔らかいので、あたりが付きやすく、適度に伸びてくれると更にジャストフィットになりそうです。
ブラウンモデルとブラック。ブラウンは店長の私物(同サイズの旧タイプ・iPhone 7/8用)革表面のデバイスに沿って色が落ちているのは、意図的に削り革にダメージを与えています。
Pixel 4a + ブラックモデル。引き出した後にラグとして使うとこんな感じ。
Pixel 4a + ブラウン

以下は、収納できない状況です。
Spigen社のPixel 4a ケースを装着してみたのですが、薄型にも関わらず、収納すると入り口から飛び出してしまいます。(なおかつ、このケースの性格上、滑らずにグリップが効くため出し入れが相当に困難です。)
薄型を謳うケースでも下記のような状態となりますので、どのようなものであれ他社製ケースを装着してしまうと、収納はNGと考えた方がよさそうです。残念。

「シンフィット」を謳っているだけあり薄型です。個人的にはかなり好き。スリーブと組み合わせないのであれば常用したい背面ケースです。
こんな感じで飛び出てしまいます。ありなしで言ったら「なし」な感じ。

【ご注意】
ケースを装着しない「素」の状態のみ収納可能です。
写真でも紹介していますが、薄型の背面ケースでであっても、装着した状態では入り口から頭が少し飛び出します。(=収納不可とお考えください。)
また、収納確認を行ったのは、2020年8月に発売を開始した「Pixel 4a」のみです。Pixel 4、Pixel 4XL、Pixel 3は筐体サイズが大きいため、素の状態であっても収納不可です。お気をつけください。

若干入り口から飛び出し気味ではありますが、いい具合に収納できているのが分かると思います。
(価格も手頃だし)普段は素のまま使いつつも、移動時などカバンにしまっておく時にだけスクリーンを保護したいというニーズにはピッタリだと思います。
ぜひご検討ください。
皆様からのご注文をお待ちしています。

<リンク>
職人が作るレザースリーブ iPhone SE(第2世代)用(国立商店 ストアページ)

11インチiPad Pro + Magic Keyboard の当店のフラップカバーケースへの収納について

11インチiPad Pro 用のMagic Keyboardが届きましたので、当店の「フラップカバーケース 11インチiPad Pro・Surface Go用」に収納してみました。
結果はギリギリ収納可能です。
ただしきついです。革にアタリが出てくる(馴染んで伸びてくる)までは、ぐいぐい押し込むように入れ込む感じになります。
引っ張り出す時にも、特に女性は多少力を込めないと取り出せないかもしれませんので、人によっては「きつくて収納できない」と感じる方もいるかもしれません。
一旦アタリが付いてしまえば、割合スッと出し入れができるようになりそうではあるのですが、これから長期使用(試用)に入って検証してみます。

なお、短辺方向においてMagic Keyboardのヒンジ分だけサイズが大きいため、ケース内に備えているApple Pencilのためのゴムバンドにかかってしまい使えません。
そのためApple Pencilも一緒に持ち運ぶ方は、iPad Pro本体に付ける必要がありますね。
この場合、不用意に落とさないように、フラップはしっかりケース内に入れ込んだ方が良さそうです。

 

12.9インチiPad Pro + Magic Keyboardの組み合わせは、入手次第検証しますのでお待ちくださいませ。

 

<リンク>
フラップカバーケース 11インチiPad Pro・Surface Go用(国立商店 ストアページ)

 

今すぐ買えるGalaxy Foldが収納できるケースはこちら

Galaxy Foldの発売開始以来、Dual Slot Case(デュアルスロットケース)とのマッチングに関していくつかお問い合わせをいただきました。
そこで、実際に収納してみましたのでぜひご参考にしてみてください。

 

 

上記画像をご覧いただくと分かるとおり、収納は全く問題ありません。
縦方向(深さ)は、入り口から4-5mm程度見えている状態ですが、上からフラップが被さりますので特に問題はないと思います。
ただし、横幅方向については、Galaxy Foldは折りたたんだ状態では一般的なスマートフォンと比べると細いため、荷室内で左右にスペースができます。
それによって大きな問題は起こらないとは考えていますが、もしかしたら保護シートなどを貼っている場合には、デバイスが左右に振れることではがれてしまったりする可能性が、通常のスマホより高いかもしれないということは考慮いただく方がいいかもしれません。
また、Galaxy Foldのサイトには「端末には磁石が内蔵されている」旨、注意事項として記載がありますが、Dual Slot Caseのスペシャルエディションにもフラップボタンにマグネットを採用しています。
個人的に利用している状況において特に問題を感じませんが、もしかしたら影響があるかもしれませんので、念のためスタンダードエディションをご検討いただいてもいいかもしれません。
以上簡単ですが、今すぐ買えるケースのご案内でした。

ご注文は以下よりどうぞ

<リンク>

Pixel 4 / Pixel 4 XL に最適なレザースリーブケースはこちら

2019年10月16日に、日本でのPixel 4 と Pixel 4 XLの発売がアナウンスされました。
Soliセンサーを利用してのジェスチャー操作(春まで使えない)と、純正録音アプリによる自動文字起こし(現状英語だけ)は購入後すぐに使えないことで多少のモヤモヤ感もありますが、カメラはいいですね!これから沢山アップされるであろうiPhone 11 Proシリーズとの撮り比べレビューが楽しみです。

Google Pixel 3 / XLのリリースの際にもご案内したのですが、今回のPixel 4 / Pixel 4 XL でもどのスリーブケースに収納できるかをご案内したいと思います。

まずはPixel 3 / Pixel 3 XLおよびiPhone 11 Proシリーズとのサイズ比較をどうぞ。

Google Pixel 4:68.8 x 147.1 x 8.2 mm (5.7″ディスプレイ)
Google Pixel 3:※68.2 x 145.6 x 7.9 mm (5.5″ディスプレイ)
iPhone 11 Pro:71.4 x 144.0 x 8.1 mm (5.8″ディスプレイ)

※Google Pixel 3は、「技術仕様のページ」と「あなたの Pixel を選ぼう。」のページでサイズ表記が違うため、「技術仕様のページ」の数値を優先しました。)

Google Pixel 4 XL:75.1 x 160.4 x 8.2 mm (6.3″ディスプレイ)
Google Pixel 3 XL:76.7 x 158.0 x 7.9 mm (6.3″ディスプレイ)
iPhone 11 Pro Max:77.8 x 158.0 x 8.1 mm (6.5″ディスプレイ)

上記のように、Pixel 4 もPixel 4 XLはそれぞれiPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxと同じサイズ感です。
そのため、収納可能なレザースリーブケースは、以下のものとなります。

☆Google Pixel 4 → iPhone 11 Pro(5.8″モデル用)に収納可能
リンク 職人が作るレザースリーブ iPhone XS/X(5.8インチ)用
☆Google Pixel 4 XL → iPhone 11 Pro Max(6.5″モデル用)に収納可能
リンク 職人が作るレザースリーブ iPhone XS Max(6.5インチ)用

ただし、Pixel 4につきましては、限定生産モデルのジャストフィットサイズに収納した場合、2.9mm分デバイスが飛び出してしまう可能性があるため、おすすめできません。ジャストフィットサイズ以外のものを選んでください。

…以上、上記の通りご案内しましたが、現状、まるっきり在庫がない状態となっておりすみません、、。
また、商品ページも2018年に発売された iPhone XS / XS Max用になっていますため、近日リニューアルの上で販売を再開しますので、少々お待ちくださいませ。

<リンク>
国立商店 ストアページ:スマートフォン関連商品のページ

10.2インチiPad(第7世代)の国立商店のレザーケースへの収納について

新しいiPad(第7世代)が発表されました。
ディスプレイサイズが9.7 → 10.2インチへとアップし、それに伴い筐体サイズも大きくなり、縦×横サイズがiPad Airや一世代前の10.5インチiPad Proと同じになりました。(厚みはiPadの方が約1mm厚い)
新たにキーボードに対応し、Apple Pencilと一緒にセットで持ち運ぶことで利用範囲が大幅に広がりそうですね。
しかも価格は税別34,800円(32GBモデル)からと前世代から比べて3,000円ほど安くなり、ぐっと敷居が低くなった印象です。

国立商店の製品でiPadに対応するものは以下の2商品がありますが、Apple社のWEBサイトのサイズ情報から判断する限り、問題なく収納できそうです。

職人が作るレザースリーブ 11インチiPad Pro用
 →収納OK

フラップカバーケース iPad Pro・Surface Go用
 →収納OK
こちらはSmart Keyboard + Apple Pencilを一緒に収納可能です。

 

11インチiPad Proに比べて高さ(長辺)方向に3mm大きく、また最大1.6mm厚いiPad10.2″とiPad Air10.5″は、革が馴染むまでの間は出し入れする際に少しきつく感じるかもしれませんので、その点は予めご了承ください。
革が馴染みデバイスに沿ってフィットするようになってくると、より一体感が増した感じで持ち運びができるようになると思います。

皆様からのご注文をお待ちしています。

 

<リンク>
国立商店 職人が作るレザースリーブ 11インチiPad Pro用
国立商店 フラップカバーケース iPad Pro・Surface Go用

 

【収納確認】無印iPad(9.7)をiPad Pro11インチ用レザースリーブに収納してみました。

手前:iPad(9.7″)・奥:11インチiPad Pro

当店で発売中の職人が作るレザースリーブ 11インチiPad Pro用は、現行の11インチiPad Proにジャストフィットするように設計して製作していますが、実は現行型iPad Air(2019-10.5インチ)や無印iPad(9.7″)も収納可能です。
そこで今回、9.7インチの無印iPadを実際に収納した写真を紹介したいと思います。

左:11インチiPad Pro・右:iPad(9.7″)
底辺と右辺を揃えて重ねたところ。iPad(9.7″)は少し小さいことが分かります。



 

この大きさの違いを踏まえて収納した写真を見てもらうと一目瞭然ですが、11インチiPad Proはきっかり入り口までデバイスが来るようになっているのに対して、iPad(9.7″)は多少奥まって収納されます。サイズでいえば丁度Apple Pencil1本分ほど。
多少余裕があるなという印象は受けるものの、全体がすっぽりと隠れるのでそれなりに安心感もありますよ。

iPad(9.7″)を収納すると、全体がすっぽり隠れます。
こちらの写真は11インチiPad Proを収納したところ。ジャストフィットします。

9.7インチのiPadであれば、おそらくポリカーボネート製(ツメで弾くとコツンという硬い素材)の背面ケースなどは装着したままでも収納OKだと思います。 ただし、TPU素材製(握ることができるくらい柔らかい)ケースは、滑りが悪く内側のマイクロファイバーにスタックしてしまい快適に出し入れができませんので収納不可となります。お気をつけください。
皆様からのご注文をお待ちしています。

<リンク>