店長日記」カテゴリーアーカイブ

【店長日記】昔付き合ってたコのことをほんのり思い出す?デバイス

皆さんはタブレットを使っていますか?
OSもハードもどんどん進化して本当に便利になりましたよねえ。近い将来、ノートPCよりタブレットが主力になる可能性もあるとか。(ノートPCよりタブレットが主力になる可能性 Windowsタブレットはどうなる? ITmediaさん)身近な存在になりました。

マルチウィンドウが苦手なのは確かにありますけど、テーブルでも膝上でも大きな画面でどこでも使えて必要ならキーボードをくっつけられるというのは最高に便利でして、個人的にも利用時間は既にノートPCを超えています。
最近はGalaxy Tab S8+を頻繁に使ってます。これ、大きさが絶妙ですよね。短辺方向で見ると11インチiPad Proと変わらないのに、長辺方向は12.9インチiPad Proのサイズに匹敵するというのはシビレます。
なんでこんなにしっくりくるのかなと思って気づいたのですけど、このデバイス、Book Cover Keyboard(リンク)を装着すると12インチMacBookとサイズ感や大きさが似ているんです。

MacBook (Retina, 12-inch)(リンク
280.5 x 196.5 x 3.5-13.1mm / 約920グラム
Galaxy Tab S8+ with Book Cover Keyboard(リンク
285.3 x 191.4 x 14.7 mm / 約1072グラム(S8+本体567グラム+BCK505グラム)

全然別物なのに、柔らかなエッジのカーブとか大きさとか重さとか、ふとした時に懐かしい感覚が蘇るのですよ。あっこの重さこのしっくり感、と。
今付き合っている一番仲良しなコがいるのに、何かの拍子に昔付き合ってたコのことを不意に思い出してしまうような、ほんのりとした罪悪感を感じます。(個人的見解)
理解するのも一筋縄ではいかないし、性格だって国籍だって言葉だってまるで違うんですけどね。(でもそれも楽しい。)
しつこいですが、個人的見解です。
久しぶりに書いたのが酔っ払って語るオッサンのウザい昔話のようになってしまいすみません。。

専用レザースリーブは只今鋭意開発中ですよ。
楽しみにお待ちくださいませ。

【店長日記】早く来い来いフォルダブルiPhone

日曜日のゆるーい午後に久しぶりに書いた店長日記。

私店長はGalaxy Z Fold2をサブのスマートフォンとして使っています。
SAMSUNGのフォルダブル(折りたたみ式)デバイスですね。
このフォルダブルデバイスが果たしてスマートフォンの「次の10年のトレンド」になるのかどうか、各種モバイル用のケース類を製作している当店としては気になるところでして、実際に使って見極めるべく2019年の初代の発売時から使っています。
初代から第2世代に乗り換えつつ2年に渡って実際に使い続けてみて思うのは、フォルダブル最高という事。
重いのだけは正直厳しいけれど、タブレットと考えればiPad mini 5と同程度の282gなので許容できるし(しかも折りたためる)、サブのカバーディスプレイは通常使用においてメインディスプレイとして充分に使えるし、パカッと開けばiPad mini(7.9インチ)並の7.6インチに展開できて色々捗るし、控えめに言っても素晴らしいです。
フォルダブルタイプは今までに数社からリリースされ、今後の新モデルについてのリークや噂話も色々と聞こえてきました。
サムスンは8月にZ Fold3をリリースするようだし、またそのサムスンのコンポーネントを使ってGoogleがPixelブランドでフォルダブルを出すという噂もありますね。

振り返って、我らのAppleはどうなのか?開発の噂は常に聞こえてきます。
本当に出てくれたら嬉しいし、出るのであれば当然素晴らしい仕様だろうし、美しい筐体になるでしょうね。
立ち位置としてはどうなのか?スマートフォンとしての一形態?折りたためる小型タブレット?横開き?縦開き?サブディスプレイは?iOS?iPadOS?
いずれにしても、洗練されたOSとアプリ群があり、また自社ハード・ソフトと連携して使える環境は最強感が高まりそうです。
噂では2023年に発売でしたっけ?
Appleから発売されれば各メーカーが参照・模倣するいわば世界標準となるだろうし、そうなることでどんな世界が開けるのか楽しみですね。
という事で、個人的にはフォルダブルの未来は明るいと思っております。
早く来い来いフォルダブルiPhone!

【店長日記】Reinkstone R1に出資してみました

Kickstarterで始まったプロジェクト「Reinkstone R1, The Ultimate True Color DES E-Paper Tablet」に出資してみました。
E-INKのような、でもちょっと違うDESという方式で表示される目に優しいタブレットです。
E-INK表示方式のデバイスに抵抗がなく、(例のモッサリとした)独特な動作感や使い勝手に抵抗がない方なら、とても気になるデバイスだと思います。
この手のデバイスとしては大型の10.1インチディスプレイを搭載しており、なおかつAndroid 11上で動作するというのが魅力的ですね。

サイズ感としては、第8世代10.2インチディスプレイ搭載iPadと比べて、高さ方向で14.6mm、幅方向で6.8mm、厚みが0.7mmそれぞれ小さく、重量は425g(iPad490-495g)、搭載メモリも4GBあり、わりと夢のようなスペック。
うまくキャンペーン成功となれば出荷は11月。facebookではサンクスギビングデー(11月第4木曜日)頃を目標にしている旨投稿があったので、年内に受け取ることができたら幸運でしょうかね。
キャンペーンが成功しますように。
うまく入手の折にはまたご報告します。

<リンク>
Reinkstone R1, The Ultimate True Color DES E-Paper Tablet by Reinkstone — Kickstarter

店長日記 α6000を買いました

今更感すごいですけど、α6000を買いました。中古。
業務上のブツ撮りにα7 IIIを使っていて、その補完機として同じソニーで取り回しのいいAPS-C機が欲しいなと思ってしまったのです。

へーα6000ってシリーズ中一番軽いんだー
えーまだ新品買えるのかー
ヤフオクだとどの位で買えるのかな

あっこれは…!

……

ということで実物ゲットとなった次第(リサーチ中に買っちゃった)
α6000は2014年に発売開始のようで、果たして落札したこのカメラは何年使い込んだものなのか、じっくり考えるとちょっと怖いですね
金属の塗装部分は所々はげ、かなり使い古されてます
それがまた「おれの道具」感を醸し出していて愛おしく感じるわけです。(あばたもえくぼ)
びっくりするくらい軽いし、写りも良いですね
別途破格で買った中古レンズも今のところは不満はなく、当面はブツ撮りのサブ機として、また普段持ち歩いてブログのネタ撮影機として使うつもり
ブログももう少し更新したいですね😅

以上久しぶりの店長日記でした。

【私的店長日記】金曜日のつぶやき。

久しぶりの私的店長日記です。随分と書いていませんで、振り返って調べたら昨年9月に書いた「【私的店長日記】iPad mini 5を購入しました。」以来でしたみなさまお久しぶりです。

ここ最近はとんと景気の良い話は聞かず、職人さんや同業他社さんや資材調達でお世話になる各業者さん等と話す際には「やあやあ最近の調子はいかがですか?(生き残ってますか?)」的挨拶が常となっています。
昨今の不景気に加えて、例の流行り物のウィルスの影響が凄いですね。
中国生産を中心にしている会社さんはもちろん、国内でやっている会社さんでもパーツ類が海外から入荷せず納期内に仕上げられないとか、ついに週休4日になったとか職人(従業員)さん全員解雇とか、当店の周りの袋物/レザー/アパレル系の世界からは震え上がるような話ばかりが聞こえてくるわけですが、萎縮せずアグレッシヴに行きますよー!(震え)

今月の予定をお知らせします!
今月は久しぶりに「Lファス スマホ ウォレット ケース」が仕上がってきます。
ジーンズの後ろポケットに入るコンパクトサイズながら、スマホスペースも備えたオールインワン・ミニマルウォレットです。
ブリティッシュグリーンと、今回アノネイ社のボックスカーフで作るブラックが初めて入荷予定です。
今だとRakuten Miniなどを一緒に忍ばせておくと、リアルにも電子的にも支払いができていいかもしれないですね。
【リンク】国立商店 Lファス スマホ ウォレット ケース(国立商店 ストアページ)

また、こちらも久しぶりとなる「シンプルに革を楽しむ名刺ケース」も3末以降完成予定です。
スマホウォレットケースと同じくブリティッシュグリーンと、ブラック(ボックスカーフモデル)が完成してきますよ。
【リンク】シンプルに革を楽しむ名刺ケース(国立商店 ストアページ)

それとこちらも長らくお待たせしすぎて、既にauではデバイスの販売が終わってしまったGalaxy Foldのためのレザースーツも月末までに完成予定です。
【リンク】レザースーツ Galaxy Fold 用(国立商店 ストアページ)

4月には「Lファス テックウォレット」も一部カラーが完成予定です。
レザー x パラフィン帆布ポーチ」も革が集まり次第製作を再開したいですね。
最近は「アウトレット商品」もできるだけ頻繁に補充するようにしていますので、こちらもぜひ定期的に見てくださいね。
【リンク】
Lファス テックウォレット(国立商店 ストアページ)
レザー x パラフィン帆布ポーチ(国立商店 ストアページ)
セール対象品(アウトレット)ページ(国立商店 ストアページ)

それでは楽しい週末をお迎えください。

 

【私的店長日記】iPad mini 5を購入しました。

iPad miniの第5世代モデルを購入しました。64GB/Wi-Fiモデルの一番ベーシックなモデルです。
購入の理由は、読書とノートをデジタルに移行したかったため。
mini4からの乗り換えでして、色も同じシルバーを選びました。だから全然新鮮味はなしです。正直に言えばサイトチェックや読書くらいであればスピードの違いもあまり感じないですね^^;
ただ、ストレージ容量が16GB→64GBと多くなったので、自炊した本をこまめに消したり取り込んだりする必要がなくなり、それが有り難いです。

読書は自炊派です。効率が悪すぎると言われようがヘンタイと言われようが、本はだいたいAmazonか街の本屋さんで購入し、スキャンしてから読み始めます。だから私遠藤の場合、読書=本の購入+スキャン+デバイスに取り込んでから読み始めるまでの一連の行為のことをいいます。(ええヘンタイですとも。)
もちろんKindleで読むこともありますけれど、Kindleは厳密に言えば「自分の本」を購入して所有できるわけではありません。もしかしたら運営会社都合で読めなくなってしまったり、アカウントがBANされアクセスできなくなる可能性だってないわけではありません。
なので、出来るだけ自炊優先です。

購入した本を裁断した後ScanSnapで取り込み、MacOS標準アプリの「プレビュー」で余白をクロップし(元に戻せるのが最高なのです)クラウドにアップロード/保存して、iOS/iPadOSならBookloverSideBooksアプリで、AndroidであればSideBooksで読書しています。

ここ最近の面白かった本は三体われらはレギオンのシリーズです。いずれもSFです。われらはレギオン、正直ひどい題名だと思いますが英題でもWe Are Legionだからどうにもしようがないです。スタートレックが好きな人はクスッと笑えるかと。(しかしボブ多過ぎ!)
三体は読み始めたところでして、寝る間を惜しんでむさぼり読んでいるような感じです。超絶引き込まれます。

デジタルノートとしては、GoodNotes 4をセットアップしました。
GoodNotes 5も使ってみましたが、iPad mini5で使う場合は、現状GoodNotes 4の方が遅延が少ない(というかほぼない)ので、あえて旧バージョンを使っています。
iPad miniのディスプレイには、ケント紙のような書き心地というこちらのフィルムを貼りまた。
Apple PencilとiPad miniの組み合わせが個人的に想像以上にフィットしていまして、ひとまずこのままずっと使い続けようかと考えています。

読書端末であることに加えて、今回新たにデジタルノートにもなったことで、iPad miniは仕事の日はほぼ毎日持ち歩くようになりました。
その気になればキーボードとマウスを組み合わせて仕事もできるし、本当に便利になりました。

という事で、店長 遠藤の私的iPad mini購入日記でした。

<リンク>
職人が作るレザースリーブ iPad mini用(掲載画像の商品・国立商店 ストアページリンク)

 

【店長日記】金曜日のボヤき

長い夏休み明け直後の1週間がまもなく終わり、やっと週末が来ますね。今週はなんとなく仕事に身が入らなかったような気がします。休みぼけですね。
そんな金曜日にお送りする店長遠藤のボヤきです。

まもなく新しいiPhoneの発表が迫っていますが、同時に他のデバイスについても噂が上がってきました。
9.7 → 10.2インチへとちょっとだけ画面サイズの大きくなるというiPadや、15 → 16インチへとやはりちょっとだけ大きくなるというMacBook Pro。

どちらも現在のボディサイズから「あまり/ほとんど/ちょっとだけしか」変更はないもよう。

どこの噂系サイトでも概ねこんな内容の噂が上がっていますけれど、このちょっとが大問題でして、実際の発表まではドキドキしながら待つことになりそうです。
当店の「職人が作るスリーブ」各シリーズは、PC上での設計の後、実機と共にフィッティングをくり返してサイズを確定させます。
それこそ、あと4mmアップとか、3mm下げよう、ステッチ1本分右にずらして仕様確定などなど、こう見えてわりとシビアにやっています。
ですので、「あまり/ほとんど/ちょっとだけしか」変更がないというのは、当店にとっては大きな変更なわけでして、縦横サイズが変わってしまうと再設計&実機の取り寄せからスタートとなります。アップルさんはサンプルを貸してくれないし、わりと大事(おおごと)なんです。

それでも筐体のフルモデルチェンジというのはとても魅力があるイベントですから、一Macユーザーの立場では変化は大きければ大きいほどエキサイティングなわけで、そこに業務との間でのジレンマがあるわけですよ。
さてどうなりますか、楽しみですね。

良い週末をお過ごしください。

トレンジャー・シングス最新第3シーズンを一気見

iPad(タブレット)のハンドリングの良さを活かして、寸暇を惜しんでストレンジャー・シングスの最新第3シーズンを観きりました。
エルとマイクが付き合っちゃったりしているのをお父さんのような気持ちでドキドキしながら見(守っ)たり、80年代の雰囲気を「そうそう!」と思い出したり、最終話のホッパーの手紙に泣かされたり、全部がおもしろかった!
エルの「パワー」、なくなっちゃいましたね。ソビエトでの「アレ」も含めて、これからの展開が気になります。
iPadは常に手放せないですね。

<リンク>
国立商店 フラップカバーケース iPad Pro・Surface Go用(写真の商品)