国立商店BLOG

ジャパンクオリティーのオリジナル製品を作ります。

*

iPhone+α収納可能な「ダブルケース(仮称)」の開発が始まりました。

   

皆様、iPhoneはお使いですか?
私店長遠藤も個人的に使っていまして、電話やメールチェックはもちろんのこと、外での打合せ時にWEBと連携した各アプリを利用したり、音楽や映画を見たり、FlickrやMixiにアクセスしたりと活用中です。
2歳半になる息子にとってもお気に入りのアイテムでして、おさるのジョージリスペクターでテツの彼のために、録画した番組や撮影した電車の写真を見せたりしています。(ちなみに息子はiPhoneのことを「チラチラカメラ」と呼んでいます。写真をフリックする際、前後の写真がチラチラ見えるためにこう呼ぶのですが、こんな子供でも直感的に使えるんですよね。)
既にiPhoneユーザーさんには自分の生活にとって、なくてはならないアイテムになっていると思います。
そんなiPhoneですが、他にもう一台のケータイと同時利用の方が圧倒的に多いというのもよく聞かれることですよね。(参考
ということで、今年に入ってからiPhone+αを収納可能なケースの開発を進めています。
常に装着したままiPhoneを使うためのケースではなく、いわゆるポーチ状のケースの方です。
実はこのケース、およそ2年前に製品化を見送った「iPod/ケータイ/デジカメケース」がベースとなっています。(左図。クリックでリンク先参照できます。)
iPod + αを収納できるケースとして開発していたものを、今回改めてiPhone + αを収納できるケースとしてリメイクしています。
以前のモデルと違うのは、メインのコンパートメントの他に、もう一つフロントに大きなポケットを備えたことです。
これにより、もう一台のケータイを同時に収納できるようになりました。

以下、1stサンプル(試作品)が出来上がってきましたので、写真とともに説明です。
ご覧のようにiPhone+αの収納に最適なサイズです。
起毛したパイル生地で内張りされたメインコンパートメントにiPhoneを収納し、フロントポケットにもう一台のケータイを入れられるようにと考えています。
背面にはD管とストラップベルトを備えていますので、カラビナフックを付けて腰からぶら下げたり、ストラップベルトを利用して、バッグのショルダーベルトに装着したりと、「もう一つの外付けポケット」のような感覚で使えると思います。

内側の写真です。
フロントポケットの一部には伸びる素材を使っています。
メインとフロントの仕切りになる部分がふにゃふにゃしていますが、次回修正予定です。
なお、スペースの制約上同時収納は難しいのですが、GR Digitalを1台丁度良く収納できますので、コンパクトデジカメのためのケースとして考えてもいいかもしれません。

次回の2ndで、各所の芯材や緩衝材の調整、入り口部分の形状の修正などを予定しており、3月の上旬までにでき上がってくる予定です。
リリース時期は、順調に行けば4月頃でしょうか。急ピッチで進めていますので、楽しみにお待ちくださいね。
なお今回のこのケースは、JetSet BAGでお馴染みの松下ラゲッジ社とのコラボとなり、両社で同時に発売開始となります。
<リンク>
国立商店@Blog::これからの製品展開予定(希望含む)
iPhoneユーザー、約7割が“2台持ち” – ITmedia +D モバイル(勝手リンクです。すみません。)

 - 開発中の製品