【入荷案内】【アウトレット】職人が作るレザースリーブ iPad mini4/5 用

最新モデルも好きですけれど、クラッシックなモデルも味がありますよね。

iPad mini第4世代、第5世代用のレザースリーブのアウトレット品を小量数追加しました。
ホームボタンのついたクラッシックなデザインのiPad mini用です。
このiPad miniは、手に持った時の薄さや優しい手触り、ホームボタンのついた操作の明快さが本当にiPadらしいなと思いますね。
個人的にもiPadはPro 10.5インチとiPad miniはmini5が一番好きなデザインです。

そんなiPad mini4、mini5のためのレザースリーブのアウトレット品を極少量数追加しました。
恐らく今回の入荷が最後になると思いますので、ご希望の方は是非この機会にどうぞ。

<リンク>
【アウトレット】職人が作るレザースリーブ iPad mini 用 – 国立商店

【店長日記】昔付き合ってたコのことをほんのり思い出す?デバイス

皆さんはタブレットを使っていますか?
OSもハードもどんどん進化して本当に便利になりましたよねえ。近い将来、ノートPCよりタブレットが主力になる可能性もあるとか。(ノートPCよりタブレットが主力になる可能性 Windowsタブレットはどうなる? ITmediaさん)身近な存在になりました。

マルチウィンドウが苦手なのは確かにありますけど、テーブルでも膝上でも大きな画面でどこでも使えて必要ならキーボードをくっつけられるというのは最高に便利でして、個人的にも利用時間は既にノートPCを超えています。
最近はGalaxy Tab S8+を頻繁に使ってます。これ、大きさが絶妙ですよね。短辺方向で見ると11インチiPad Proと変わらないのに、長辺方向は12.9インチiPad Proのサイズに匹敵するというのはシビレます。
なんでこんなにしっくりくるのかなと思って気づいたのですけど、このデバイス、Book Cover Keyboard(リンク)を装着すると12インチMacBookとサイズ感や大きさが似ているんです。

MacBook (Retina, 12-inch)(リンク
280.5 x 196.5 x 3.5-13.1mm / 約920グラム
Galaxy Tab S8+ with Book Cover Keyboard(リンク
285.3 x 191.4 x 14.7 mm / 約1072グラム(S8+本体567グラム+BCK505グラム)

全然別物なのに、柔らかなエッジのカーブとか大きさとか重さとか、ふとした時に懐かしい感覚が蘇るのですよ。あっこの重さこのしっくり感、と。
今付き合っている一番仲良しなコがいるのに、何かの拍子に昔付き合ってたコのことを不意に思い出してしまうような、ほんのりとした罪悪感を感じます。(個人的見解)
理解するのも一筋縄ではいかないし、性格だって国籍だって言葉だってまるで違うんですけどね。(でもそれも楽しい。)
しつこいですが、個人的見解です。
久しぶりに書いたのが酔っ払って語るオッサンのウザい昔話のようになってしまいすみません。。

専用レザースリーブは只今鋭意開発中ですよ。
楽しみにお待ちくださいませ。

【入荷案内】【アウトレット】職人が作るレザースリーブ 14インチMacBook Pro用

初入荷です!Apple M1チップを搭載した新しい14インチMacBook Pro専用レザースリーブの初めてのアウトレット品の入荷です。
レザースリーブは前面と背面にそれぞれ一枚革を使っている関係上、特に大きなデバイス用になるほど傷やシワを避けきれないことがあります。
当店のアウトレット品は、職人からはOKとして納品されながらも、当店の独自基準ではじいたものが主なものとなります。
革にはやや??と感じるかもしれない部分もありますが、見た目を気にしなければ問題なく使用できるクオリティです。使い続けるほどにエイジングしますので、そんな傷シワも全く気にならなくなると思いますよ。
在庫がある時だけのご提供となりますので、ぜひ在庫のあるうちにご検討くださいませ。

<リンク>
【アウトレット】職人が作るレザースリーブ 14インチMacBook Pro用(国立商店 ストアページ)

【開発中の商品】Galaxy Tab S8+ / S8 Ultra用レザースリーブ

7年ぶりに日本で発売されたGalaxyブランドのタブレット Galaxy Tab S8+ と、Galaxy Tab S8 Ultra 用にレザースリーブの開発を始めました。
今回、iPad シリーズのレザースリーブと同様に、デバイスのみを収納できる「ジャストサイズモデル」と、純正Book Cover Keyboardを装着した状態で収納可能な「Book Cover Keyboard対応サイズ」を、S8+用、Ultra用それぞれ企画しています。
まずは先に入手できたS8+用のジャストサイズモデルの開発から始めていまして、追っかけS8+ Book Cover Keyboard対応サイズと、S8 Ultraが入手でき次第こちらもジャストサイズモデルから製作予定です。

出来上がってきたS8+用のジャストサイズモデルの最初のサンプルがこちら

S8+用ジャストサイズモデル
たっぷり乗ったブルームを一部磨き取ったところ。

今回のサンプルに使用した革は、国立商店オリジナルの国産ブライドルレザー。色はブルー(仮称)。
ブルーム(ワックス成分)がたっぷり乗っていまして、このブルームが取れてエイジングが進む様子も楽しむことができますよ。
内側はイエローのピッグスエード。起毛しているのでデバイスにも優しい仕様です。
最初の試作ということで、まずは実際に収納した時のフィット感を見たかったのでコバは塗らずシンプルに作ってありますが、製品版ではコバもしっかり塗る予定です。
また革の色味は只今策定中でして、ブルームの乗り方、ツヤ感含めてもう少し変わる(濃くなる)予定です。

ブルー × イエロー ということで、ウクライナの国旗色🇺🇦を連想された方もいると思いますが、はい、こちら #StandWithUkraine モデルとして売上の一部を寄付するモデルとなる予定です。
まずは7月後半までに、S8+用ジャストサイズモデルから発売開始予定ですので、楽しみにお待ちくださいませ。

【コラム】思い出の場所を絵にして壁に飾る

こんにちは!ニュージーランド在住のmasa @masaosada です。

突然ですが質問させてください。
自宅に写真や絵を飾ったりしますか?お気に入りの写真や絵画、映画のポスターなどを額に入れて棚の上に置いたり、壁に飾ったり。

我が家の壁には少し前から僕の住む街ウェリントンの絵が飾ってあります。

この絵です。大きさはA3です。今回はこのウェリントンの街の絵にまつわるお話しです。

僕は15年間住んだニュージーランドを離れ、7月に日本に帰ります。

「日本に帰る」と決めたそのときからずっと「日本に帰ったら今住んでいる街ウェリントンの景色を壁に飾ろう」と決めていました。

ウェリントンは自分たち夫婦にとって8年間住んだとても思い入れのある大切な街です。その思い出の街の景色を日本でも日々見れたら素敵だなと思って、良さそうな絵をネットでずっと探していました。

ところが「これ!」というものがなかなか見つかりませんでした。

そこで思いついたのが「自分で描いてみよう」です。

僕はもともと絵を描く人ではなかったです。ところが2年くらい前に「せっかくiPad ProとApple Pencilがあるから絵でも描いてみるか」と思い始めました。それから時間があるときにちょくちょく絵を描いていました。

そしていくつか試作品を作る中でできあがったのが上で紹介した絵です。

絵を描いていて「デジタルの良さ」を日々痛感しています。

デジタルなので間違えたら消せば良いし、細かいところは拡大して描いて全体を見るときは縮小することができます。

また僕の場合、撮った写真を元に絵を描くので実際に景色を見ながら描くよりもずっと簡単です。構図は写真を撮るときに決めれば良いし、人や乗り物なども写真なら動きません。

そして何よりデジタルだと嬉しいのは色を作るのが簡単だということです。
子供の頃、学校の授業で下書きは上手なのに色を塗ると一気にイメージと違ったものになってしまってがっかりしたのを覚えています。

でもデジタルならアプリで写真の彩度や明度、カラーバランスなどを変えて好みの色に調整して、その色をアプリのスポイトツールで写真から抜き取ればOKです。

しかも線と塗りを別のレイヤーにして、塗りのレイヤーを非表示にすれば、線画に早変わりします。

道具もiPadならiPadとApple Pencilだけ。画板やパレット、筆や筆を洗う水入れも必要ありません。

自宅のソファーに座ってゴロゴロしながら絵を描いても良いし、カフェに行ってコーヒーを飲みながら集中して描くのも良いですね。

ちなみにアプリはProCreateというiPadの絵を描くアプリとしては定番中の定番アプリを使っています。非常に使いやすく、ユーザー数が多いのでネットにさまざまな使い方情報があるのも魅力の1つです。

最近インスタグラムで書いた絵を投稿するためのアカウントを解説しました。興味がある方はチェックしてみてください。

絵に描かれた場所はここ

上の絵はウェリントンの街中、高台にあるケーブルカーの駅からの眺めです。街と海を一望できるので、観光名所として有名です。

https://goo.gl/maps/ZZrLgGFjKdLpPwKd6

masaのプロフィール

2005年29歳でニュージーランドへワーホリで渡航。その後カナダのワーホリを経て2008年に再びニュージーランドに戻り移住し永住権を取得しました。現在は首都ウェリントンでブログ運営や他メディアへの寄稿を仕事にしています。2022年7月に日本へ帰国予定。

Twitter | Instagram | Facebook

【コラム】ポップで可愛い牛乳の直販所

ニュージーランド在住のmasa氏にコラムを書いてもらうことになりました。
デバイスを一揃え抱えて飛行機に乗りたい!外国へ行きたい!など、外へ飛び出したい欲求がそろそろ高まっている頃ではありますが、私店長を含めてなかなか叶わない状況です。
masa氏による味わいのある写真と文章で、外国気分を味わいたい&味わってもらいたいと思っています。
不定期となりますが、これからお楽しみにどうぞ。(店長)

こんにちは!ニュージーランド在住のmasa @masaosada です。今回から国立商店さんのブログで記事を書かせてもらうことになりました。

ニュージーランドの雰囲気とか、ニュージーランドのちょっと面白いことを読者の方に味わってもらえたら嬉しいなと思っています。

今回紹介したいのは旅の途中で見かけた牛乳の直売所です。

旅の途中、国道沿いに突然姿を現したこの直売所。

青い空、牧草の緑のなかに映える真っ赤な建物の上に牛のオブジェ。しかも頭の上にはピンク色のサンタクロースの帽子をかぶっています。これはもう車を止めないわけにはいきません。

建物の中に入ってみると、まず目を引くのは牛柄の自販機。そしてその横で売られている空の牛乳瓶も気になります。どうやら空の瓶を買って牛乳を自分で詰めて買うようです。

自分で持ってきた入れ物に牛乳を入れてもOK。

気になるお値段は1リットルで2.5ドル。だいたい190円くらいです。

ニュージーランドでは通常2リットルで4ドル、300円くらいなのでちょっとだけ割高かもしれません。

僕は旅の途中だったので、1リットルの牛乳は飲みきれないので買いませんでした。

でも、この直売所を使ったことがある友人曰く、絞りたての牛乳、しかも無殺菌だから市販の牛乳とは味がまったく違って美味しいそうです。

しかも一般的な牛乳はたくさんの牛乳を混ぜて味を均一にしますが、この牛乳は小さな牧場の牛乳をそのまま出しているので、季節や気温で毎回味が違うとか。すごく興味深いですね。

写真は人がいないタイミングを見計らって撮ったので、誰も写っていませんが10分ほどの滞在中ひっきりなしに人が来ては牛乳を詰めて帰って行きました。美味しくて新鮮な牛乳が買えるなら、スーパーの牛乳より買いたくなる気持ちがわかります。

撮影地

この写真が撮られた場所はニュージーランドの首都ウェリントンから車で1時間ほど北上したTe Horo(テ・ホロ)という小さな街です。

この街自体は観光地ではありませんが、Te Horo周辺はビーチがたくさんあるので、夏になるとビーチを楽しむ人たちをたくさん見かけます。

https://goo.gl/maps/vCL4Q4Y6pAVFkBpo7

撮影機材

  • iPhone 13 Pro 広角レンズ

masaのプロフィール

2005年29歳でニュージーランドへワーホリで渡航。その後カナダのワーホリを経て2008年に再びニュージーランドに戻り移住し永住権を取得しました。現在は首都ウェリントンでブログ運営や他メディアへの寄稿を仕事にしています。2022年7月に日本へ帰国予定。
Twitter | Instagram | Facebook

20枚の写真で紹介する 職人が作るレザースリーブ iPad mini 6用 ブリティッシュグリーン(ブライドルレザー)

当店の人気モデル、ブリティッシュグリーンのブライドルレザーを使って製作した「職人が作るレザースリーブ iPad mini 6用」を紹介します。
iPad mini6は、ユーザーによって、素で使いたい、ケースに入れて保護しながら使いたい、Smart Folioも込みで使いたい(時々外したい)、Apple Pencilも常時/時々/できたら使いたい等などユーザーそれぞれのスタイルがあり、ワンサイズでの提供が難しいと判断し、「ジャストサイズモデル」「Smart Folio対応サイズ」の2種類をラインナップしています。
微妙な大きさの違いですが、それぞれ以下のように分けています。

ジャストサイズモデル
シンプルにiPad mini6だけを収納するサイズ感のスリーブケース
Apple Pencilは基本的には一緒に使うことを想定していないため、幅広ゴムバンドは付属しません。iPad mini6のマグネット機能を使うことで一緒に持ち運べそうではありますが、ケースからは半分ほど出ます。(のでおすすめしません。Apple Pencil利用時には「1本入れ レザーペンケース Apple Pencil用」などを別途ご検討ください。)

Smart Folio対応サイズ
Smart FolioとApple Pencilを一緒に使うことを想定してジャストサイズモデルよりも一回り大きく作ってあるモデル
Apple Pencilの持ち運びも想定し幅広ゴムバンドが付属していますが、ジャストサイズモデルと同じくスリーブケースから少しはみ出ます。(のでゴムバンドで留めてください)

このブリティッシュグリーンを含むブライドルレザーモデルは、革の表面に白くブルームが乗っています。
これは革が吸収しきれなかった油脂成分です。
ブルームは使う前に落としてしまってもOKですし、使いながら落ちるに任せるのもOKです。
なお、気温が低く乾燥している時には粉状ですが、(特に日本のような)湿度が高い梅雨時期や夏場にはちょっと粘度がある感じになるため、他のものに付着するのが気になる場合は、最初に軽く拭って磨いてしまってもいいかもしれません。ご購入の季節や環境によってお好みでどうぞ。
なお、このブリティッシュグリーンは良くも悪くもロットによっての色ぶれがあり、深みのあるものや最初から艶感の高いものなどがあります。これは現地で仕上げている職人さんの個性でしょうかね。
その時々に仕入れたフレッシュなブライドルレザーを使って製作していますので、お手元に届いたものが縁のあったものとしてぜひ末永く使ってください。
また、ブライドルレザーは基本的にはタンニンで鞣したヌメ革のため、表面に加工を施しているわけではありません。シワや血筋、傷など意外と個性豊かな表情を持っていますので、そういった革の個性も含めてお楽しみください。

ブルームの付着具合参考例(乗り方には個体差があります)

ロットによる色ぶれ参考例

幅広ゴムバンド(Smart Folio対応サイズにのみ付属)
Smart Folio対応サイズ
Smart Folio対応サイズ(Apple Pencilは半分ほど出ます。)
Smart Folio対応サイズ
Smart Folio対応サイズ
Smart Folio対応サイズ
ジャストサイズモデル
ジャストサイズモデル
ジャストサイズモデル(Apple Pencilは半分ほど出ます)
ジャストサイズモデル(Apple Pencilは半分ほど出ます。)

皆様からのご注文をお待ちしています。

<リンク>
職人が作るレザースリーブ iPad mini 6用(国立商店ストアページ)

【開発中の商品】職人が作るレザースリーブ 14インチMacBook Pro用 その3 – 仕様確定&16インチモデル完成編

既に一部カラー(革種)の発売が始まっていますが、開発を進めた14インチMacBook Pro専用レザースリーブの仕様確定編アップします。

前回のブログアップ以降もコンスタントに開発を続けまして、全体のサイズや四隅のラウンド形状などを変えながら試作を重ねました。
今回、大きく張り出したゴム足に対応すべく強度のあるピッグスエードを選んだわけですが(その2へリンク)、この素材がまた滑らないのですよ。。
入れづらい&取り出しにくいを解消するために左右の幅をミリ単位で調整したのですが、加えてMacBook Proの筐体が端が薄くならずに均一の厚みになったことやコーナーの形状が変わったことなど、いくつかの要因が複合的に影響して、しっかり(しっくり)フィットしないのです。
最終的には「もうこれしかない」というポイントを見つけたと思いますので、安心して収納してもらえると思います。
それでもブライドルレザーが伸びてあたりが付き、ピッグスエードも毛羽立ちが落ち着くまでは、出し入れしづらく多少不自由を感じるかもしれません。
どうしても出し入れしづらいと感じた場合は、ブライドルレザーはオイルを多分に含んでいるので、革が馴染むまでの間、暖かい室内でで出し入れをくり返してあたりを付けてしまうのもいいかもです。オイル分に暖かさが伝わることで、気持ち革を柔らかな状態で扱えると思います。
力を入れづらい方は、ブライドルレザーよりも柔らかな型押しカーフレザーモデル、栃木レザーモデル、内側にグリーンのマイクロファイバーを使っているエンボスブラックのいずれかをご検討いただくのもいいと思います。どれもステキな革ですよ。

14インチMacBook Pro用と並行して、16インチモデル用も開発を進めました。
新しい16インチM1 Pro/Maxモデルは14インチMacBook Proと同じ筐体デザインなので、14インチの仕様が固まるとサイズが導き出せます。
14インチ以上に面積が広く摩擦抵抗が大きいため、16インチモデルの方が出し入れしづらく、その分を加味してサイズ修正を行いましたが、革が馴染むまでは少し覚悟(?)が必要かもしれません。

16インチモデルはとにかく巨大で、板の小さなブライドルから一枚革を切り出すのは贅沢の極みです!


読み返すとネガティブな点を強調してますね。😅
もちろん、数年の単位でじっくりと付き合えるプロダクトですから、使い続けるうちにいつの間にかしっくりと馴染むことは請け合います。
使い続けるほどに深くなる色味、味わい等などをゆっくりお楽しみいただけたらと思います。

<リンク>
職人が作るレザースリーブ 14インチMacBook Pro用(国立商店 ストアページ)
職人が作るレザースリーブ 16インチMacBook Pro 用(国立商店 ストアページ)