開発中の製品」カテゴリーアーカイブ

【店長日記】昔付き合ってたコのことをほんのり思い出す?デバイス

皆さんはタブレットを使っていますか?
OSもハードもどんどん進化して本当に便利になりましたよねえ。近い将来、ノートPCよりタブレットが主力になる可能性もあるとか。(ノートPCよりタブレットが主力になる可能性 Windowsタブレットはどうなる? ITmediaさん)身近な存在になりました。

マルチウィンドウが苦手なのは確かにありますけど、テーブルでも膝上でも大きな画面でどこでも使えて必要ならキーボードをくっつけられるというのは最高に便利でして、個人的にも利用時間は既にノートPCを超えています。
最近はGalaxy Tab S8+を頻繁に使ってます。これ、大きさが絶妙ですよね。短辺方向で見ると11インチiPad Proと変わらないのに、長辺方向は12.9インチiPad Proのサイズに匹敵するというのはシビレます。
なんでこんなにしっくりくるのかなと思って気づいたのですけど、このデバイス、Book Cover Keyboard(リンク)を装着すると12インチMacBookとサイズ感や大きさが似ているんです。

MacBook (Retina, 12-inch)(リンク
280.5 x 196.5 x 3.5-13.1mm / 約920グラム
Galaxy Tab S8+ with Book Cover Keyboard(リンク
285.3 x 191.4 x 14.7 mm / 約1072グラム(S8+本体567グラム+BCK505グラム)

全然別物なのに、柔らかなエッジのカーブとか大きさとか重さとか、ふとした時に懐かしい感覚が蘇るのですよ。あっこの重さこのしっくり感、と。
今付き合っている一番仲良しなコがいるのに、何かの拍子に昔付き合ってたコのことを不意に思い出してしまうような、ほんのりとした罪悪感を感じます。(個人的見解)
理解するのも一筋縄ではいかないし、性格だって国籍だって言葉だってまるで違うんですけどね。(でもそれも楽しい。)
しつこいですが、個人的見解です。
久しぶりに書いたのが酔っ払って語るオッサンのウザい昔話のようになってしまいすみません。。

専用レザースリーブは只今鋭意開発中ですよ。
楽しみにお待ちくださいませ。

【開発中の商品】Galaxy Tab S8+ / S8 Ultra用レザースリーブ

7年ぶりに日本で発売されたGalaxyブランドのタブレット Galaxy Tab S8+ と、Galaxy Tab S8 Ultra 用にレザースリーブの開発を始めました。
今回、iPad シリーズのレザースリーブと同様に、デバイスのみを収納できる「ジャストサイズモデル」と、純正Book Cover Keyboardを装着した状態で収納可能な「Book Cover Keyboard対応サイズ」を、S8+用、Ultra用それぞれ企画しています。
まずは先に入手できたS8+用のジャストサイズモデルの開発から始めていまして、追っかけS8+ Book Cover Keyboard対応サイズと、S8 Ultraが入手でき次第こちらもジャストサイズモデルから製作予定です。

出来上がってきたS8+用のジャストサイズモデルの最初のサンプルがこちら

S8+用ジャストサイズモデル
たっぷり乗ったブルームを一部磨き取ったところ。

今回のサンプルに使用した革は、国立商店オリジナルの国産ブライドルレザー。色はブルー(仮称)。
ブルーム(ワックス成分)がたっぷり乗っていまして、このブルームが取れてエイジングが進む様子も楽しむことができますよ。
内側はイエローのピッグスエード。起毛しているのでデバイスにも優しい仕様です。
最初の試作ということで、まずは実際に収納した時のフィット感を見たかったのでコバは塗らずシンプルに作ってありますが、製品版ではコバもしっかり塗る予定です。
また革の色味は只今策定中でして、ブルームの乗り方、ツヤ感含めてもう少し変わる(濃くなる)予定です。

ブルー × イエロー ということで、ウクライナの国旗色🇺🇦を連想された方もいると思いますが、はい、こちら #StandWithUkraine モデルとして売上の一部を寄付するモデルとなる予定です。
まずは7月後半までに、S8+用ジャストサイズモデルから発売開始予定ですので、楽しみにお待ちくださいませ。

【開発中の商品】職人が作るレザースリーブ 14インチMacBook Pro用 その3 – 仕様確定&16インチモデル完成編

既に一部カラー(革種)の発売が始まっていますが、開発を進めた14インチMacBook Pro専用レザースリーブの仕様確定編アップします。

前回のブログアップ以降もコンスタントに開発を続けまして、全体のサイズや四隅のラウンド形状などを変えながら試作を重ねました。
今回、大きく張り出したゴム足に対応すべく強度のあるピッグスエードを選んだわけですが(その2へリンク)、この素材がまた滑らないのですよ。。
入れづらい&取り出しにくいを解消するために左右の幅をミリ単位で調整したのですが、加えてMacBook Proの筐体が端が薄くならずに均一の厚みになったことやコーナーの形状が変わったことなど、いくつかの要因が複合的に影響して、しっかり(しっくり)フィットしないのです。
最終的には「もうこれしかない」というポイントを見つけたと思いますので、安心して収納してもらえると思います。
それでもブライドルレザーが伸びてあたりが付き、ピッグスエードも毛羽立ちが落ち着くまでは、出し入れしづらく多少不自由を感じるかもしれません。
どうしても出し入れしづらいと感じた場合は、ブライドルレザーはオイルを多分に含んでいるので、革が馴染むまでの間、暖かい室内でで出し入れをくり返してあたりを付けてしまうのもいいかもです。オイル分に暖かさが伝わることで、気持ち革を柔らかな状態で扱えると思います。
力を入れづらい方は、ブライドルレザーよりも柔らかな型押しカーフレザーモデル、栃木レザーモデル、内側にグリーンのマイクロファイバーを使っているエンボスブラックのいずれかをご検討いただくのもいいと思います。どれもステキな革ですよ。

14インチMacBook Pro用と並行して、16インチモデル用も開発を進めました。
新しい16インチM1 Pro/Maxモデルは14インチMacBook Proと同じ筐体デザインなので、14インチの仕様が固まるとサイズが導き出せます。
14インチ以上に面積が広く摩擦抵抗が大きいため、16インチモデルの方が出し入れしづらく、その分を加味してサイズ修正を行いましたが、革が馴染むまでは少し覚悟(?)が必要かもしれません。

16インチモデルはとにかく巨大で、板の小さなブライドルから一枚革を切り出すのは贅沢の極みです!


読み返すとネガティブな点を強調してますね。😅
もちろん、数年の単位でじっくりと付き合えるプロダクトですから、使い続けるうちにいつの間にかしっくりと馴染むことは請け合います。
使い続けるほどに深くなる色味、味わい等などをゆっくりお楽しみいただけたらと思います。

<リンク>
職人が作るレザースリーブ 14インチMacBook Pro用(国立商店 ストアページ)
職人が作るレザースリーブ 16インチMacBook Pro 用(国立商店 ストアページ)

【開発中の商品】職人が作るレザースリーブ 14インチMacBook Pro用 その2 – 1st サンプル完成編

開発を進めている14インチMacBook Pro用レザースリーブ1st サンプル完成編です。twitterでは既に速報しましたが、今回その詳細です。

 

今回の新しい14インチMacBook Pro、サイズが13インチから14インチへと大きくなっただけではなくボディの形状も大きく変わりました。
先端に行くほど薄くなった13インチモデルに比べて、14インチは先端まで均一の厚みとなりました。カタログサイズでは0.1mm薄くなったはずのにまるでそれが感じられないスタイルです。
加えてボディ裏面のゴム足がガッシリした形状へと変わり、色々とマッチョになった印象ですね。

上記のような変化を考慮してスリーブの全体サイズを導き出したのですが、サイズ修正ほのかに、このガッシリしたゴム足が内側から張り出すことを考え、いつものマイクロファイバー素材を内側生地に使ったモデルに加えて、今回「腰」のあるピッグスエードを使ったモデルも同時に作りました。

(左):ピッグスエードモデル(グレージュ)
(右):マイクロファイバーモデル(ブラック)
(この写真のみiPad mini6用スリーブのものを使っています)

出来上がってきたのがこちら。↓
とてもいい雰囲気のモデルが出来上がってきましたよ。ただしサイズ以外となりますが。
ボディ形状の変化が思いのほか大きく影響したようで、ぎゅっと押し込んだら取り出させなくなりました😅
均一の厚みになった分を更に考慮に入れて改めてサイズ出しをする必要がありそうです。

また、ゴム足が内側からどの位張り出すかを確認したところ、やっぱり「あたり」が相当付きますね。
特に柔らかなマイクロファイバーを使ったモデル(いつもの仕様)では、スリーブに収納して机の上で何度か滑らせただけで比較的しっかりと丸くゴム足の跡が付きました。
腰のあるピッグスエードを使ったモデルではその張り出し感はかなり軽減される印象です。それでもしっかり跡は付きますが。
恐らくこれはMacBook Proの形状故、仕方がない仕様と捉える必要がありそうですね。
収納する向きを決めて収納しないと、程なくスリーブの前面にも背面にも共にゴム足のあたりが付いてしまうと思います。

四隅の丸いのが内側から張り出して付いたゴム足の「あたり」

製作した2バージョンを比較した上で、14インチモデル用のレザースリーブでは、直接デバイスが接する内側素材にはピッグスエードを採用することにしました。マイクロファイバー素材と比べて滑りが悪く、(外装レザーも含めて)革が馴染むまでは出し入れ時に抵抗を感じるのですが、長く使えるプロダクトですので、良い状態をなるべく長く維持したいなという思惑からです。これで内側も外側も全部革、完全総革製のスリーブケースとなります。

今後については、この1stサンプルでサイズが決まらなかったため、改めてサイズ修正をして2ndを製作することにしました。
次回アップデートをお待ちくださいませ。

<リンク>
【開発中の商品】職人が作るレザースリーブ 14インチMacBook Pro用 | 検索結果: | 国立商店BLOG

【開発中の商品】職人が作るレザースリーブ 14インチMacBook Pro用 その1

モバイルユーザーが待っていた仕様のMacBook Proがついに発売されました。
ディスプレイのサイズアップや途方もないパワーが備わったのは確かに嬉しいのですけど、個人的にはポート類とMagSafeの再装備と、タッチバーの削除がとにかく一番嬉しいですね。
という事で、だきるだけ早く専用レザースリーブを製品化できるように、早速開発をスタートしました!

13インチMacBook Proを基準として考えた時に、14インチMacBook Proは横幅が8.5mm、奥行きサイズが8.8mmそれぞれ増えています。高さ(厚み)は0.1mm減り、ボディの形状も変わりました。
レザースリーブもそれに合わせてサイズアップし、また前面上部の窪みの形状やコーナーの微調整も行う予定です。
一点気になるのが、MacBook Pro底部のゴム足の形状です。
旧来のモデルに比べて、少し足が長くなりガッシリとした印象があります。
スリーブケースに収納した際、おそらく内側から張り出し、しっかり「あたり」が付きそうです。
また取り出したあとにラグとして使う際にも革によっては目立つ跡が付きそうで、実機が届いてから確認する必要がありますね。

14インチ専用スリーブの絵型は既に書き上がっていまして、現在1stサンプルの完成待ちステータスです。
実機の収納確認の後、微修正または場合によっては2nd、3rdの修正サンプルを製作した上での検証作業へと続き、仕様の確定後、刃型の作製や資材の調達を経て本生産に入ります。
完成時期は上記のスケジュール次第となりますので今のところはまだ見えてきていませんが、できるだけ早く進めたいですね。
次のアップデートをお楽しみにどうぞ。
まずは開発開始のご報告でした。

<リンク>
【開発中の商品】職人が作るレザースリーブ 14インチMacBook Pro用 | 検索結果: | 国立商店BLOG

【開発中の商品】職人が作るレザースリーブ iPad mini(第6世代)モデル用 その2-Smart Folio対応サイズ

前回の「ジャストサイズ」モデルに続き、今回は「Smart Folio対応サイズ」の紹介です。
iPad mini 6にカバーを付けず素のままの状態で最適な収納感となる「ジャストサイズ」モデルに対して、こちらの「Smart Folio対応サイズ」は名前のとおりApple社純正のSmart Folioを装着した状態で収納できるモデルです。
サイズに関してはジャストサイズモデルとはほんの小さな差しかないのですが、この微妙な違いが使用感に大きく影響してくるため、あえて差別化して製作します。
その他のジャストサイズモデルとの違いは、内側素材をマイクロファイバーからピッグスエードへと変更したことと、Apple Pencilの利用を想定して幅広のゴムバンドが付属すること。
ゴムバンドに関しては、Apple Pencilの持ち運びの他にも、A5サイズのノートや手帳を一緒に挟み込んで利用することも可能です。

スリーブの使用感については、革が馴染むまでの最初の数日は猛烈に入れづらいです。人によっては「え?これ本当に入るの?サイズが違うのでは?」と思うほど。
タイトなサイズ感とあわせて、Smart Folioの材質とピッグスエードとの相性から、出し入れの際にかなりの抵抗を感じますので、慣れるまではそれなりの覚悟が必要です。
とはいえ、一旦馴染んでしまえばこの上なく快適になりますのでご心配なく。
こちらの「Smart Folio対応サイズ」も既に仕様が確定済みでして、只今刃型の作製や革の手配を進めています。準備ができ次第「ジャストサイズ」「Smart Folio対応サイズ」共に11月中に販売開始予定です。
長らくお待たせしますが、楽しみにお待ちくださいませ。

<リンク>
職人が作るレザースリーブ iPad mini用(国立商店 ストアページ)

【開発中の商品】職人が作るレザースリーブ iPad mini(第6世代)モデル用 その1-ジャストサイズ

【開発中の商品】職人が作るレザースリーブ iPad mini(第6世代)モデル用 その1

ホームボタンがなくなり、ついにフルスクリーンになったiPad mini第6世代のためのスリーブケース「職人が作るレザースリーブ iPad mini6用」の開発が始まりました。
最新のiPad mini6の筐体サイズは、ディスプレーが大きくなったにも関わらず、mini5に比べて高さ(長辺)方向が約7.8mm短くなったため、mini5用のスリーブケースに収納すると少し余裕ができます。
もっとも、7.8mmの違いしかないうえに幅(短辺)方向は従来のモデルと同サイズのためそれ程大きな違和感はないのですけれど、それでもやっぱり最新のmini6には新たにあつらえた専用サイズが欲しいなと思いますよね。
ということで先日より試作を進めまして、1stサンプルが出来上がってきたので紹介します。
iPad mini第5世代専用スリーブから縦横サイズを調整し、また底部のコーナーのRを少しだけ調整しました。
mini5用スリーブでフィッティングができたので、mini6用のサイズ出しはかなり順調に進み、ほぼほぼ一発OKとなりました。あとはここから0コンマ数ミリ単位の微修正をPC上で行うことにして、2ndサンプルを作ることなく製品化にGOサインを出しました。
これでiPad mini6だけを収納する「ジャストサイズ」の仕様が確定です。革の正確な切り出しを行うための刃型を作成し、出来上がり次第製作(縫製)工程へと進みます。

ジャストサイズモデル・ブリティッシュグリーン(ブライドルレザー)
ジャストサイズモデル・ブリティッシュグリーン(ブライドルレザー)

そしてもう一つ、今回新たにSmart Folioを装着した状態で収納する「Smart Folio対応サイズ」も用意することにしました。
iPad mini6利用中のユーザーは一緒にSmart Folioを使う割合が多いようで、Smart Folioを利用した状態で収納できるスリーブのリクエストやお問い合わせを沢山もらいました。(皆様ありがとうございました!)
上記で紹介しているmini6用ジャストサイズモデルから少しだけ縦横幅を調整しまして、ジャストサイズモデルと比べて少しだけ大きくなります。
出来上がったスリーブのサイズ感はmini5専用のそれに近くなりまして、せっかくサイズを追い込んだらmini5用に近いサイズ感になって(戻って)しまうという、なんだかなーという状態になっております笑
それでも数ミリの違いや内側素材の違い、幅広ゴムバンドの追加など、各所にアップデートのあとを見つけてもらえると思います。
こちらは最新の試作品の完成を待っているところでして、まもなく紹介できると思います。
次のアップデートをお待ちくださいませ。
という事でまずは試作開始のご報告でした。

<リンク>
【開発中の商品】職人が作るレザースリーブ iPad mini(第6世代)モデル用 その2-Smart Folio対応サイズ | 国立商店BLOG
職人が作るレザースリーブ iPad mini用(国立商店 ストアページ)

【試作中】スマホ2台持ちDual Slot Case 2022(第6世代)モデル

スマートフォン2台持ち対応Dual Slot Case(デュアルスロットケース)の次世代モデルの開発を始めました!
うまく進めば今回のモデルが第6世代となります。今まで変えずにきた基本スタイルに変更を加え、仕様が一部が変わります!…というか変えるべく開発を進めています。
野心的な仕様変更となる予定でして、うまく行けば発売できるものの、流れてしまう可能性もあり。
詳細を以下からどうぞ。

左:従来モデル・右:試作中の新型(スマホはiPhone 12 Pro Max)
左:試作中の新型・右:従来モデル

現行のDual Slot Caseでは手軽に本体にアクセスできる反面、構造上フラップと入り口部分に隙間があり、その隙間からケースの中に雨やホコリが入り込んでしまう可能性があります。
iPhoneをはじめ防水対応のスマホが多くなってきたものの、隙間があるというのは気になるのも事実だし、撥水仕様の外装素材を使っているのが台無し(または壮大なムダ)とも言える仕様ですね。😅
という事で、現行第5世代モデルの製作を担当してくれた工房の職人さんに協力を仰ぎ、試作品を作ってもらいました。
検証が目的のため、素材もパーツ類も第5世代のものを流用しています。
ですので、本体や背面部分の仕様はそのままなのは予めご了承くださいませ。

今回のモデルチェンジにおいての主な変更箇所はフラップ、つまりフタ部分となります。
従来の跳ね上げ式フラップから、入り口をすっぽり覆うフタ方式への変更を考えています。
これで入り口が完全に覆われるので、物理的に雨の侵入を防げるわけですね。
ただしこの仕様にした場合、フタの開閉方法を根本から変える必要があります。
今までフラップはケース背面の最上部の一辺に直線的に縫い込んでいたため、シンプルに跳ね上げることができたのですが、今回の仕様変更ではフタは背面両サイドまで回り込ませて「コの字形」に縫い付けてあり、単純には開閉できなくなります。
そこで今回背面パーツも一緒に折れ曲がって開くという大胆な仕様変更を試みました。

結果はうまく行きました。フタの開閉も問題なくできるし、見た目上も雨の侵入阻止という目的は果たせそうです。この仕様ならば水に対しての不安感はほぼ解消です。
ただし、見た目上の完成度は高いものの、特に折れ曲がり部分の耐久性については全くの未知数。今後詳細な検証や長期レビューが必要そうです。
それとこの仕様故のデメリットもあります。それは今までに比べて蓋が開けにくくなったこと。

今までのモデルではフラップをめくるだけで中のデバイスにアクセスできたので、「フラップを開ける」→「スマホを取り出す(しまう)」→「フラップを閉じる」
この一連の動作がスムースに完了できました。
特にマグネットボタン仕様のスペシャルエディションでは手を添えることなく片手で開閉ができるので、素早いアクションが可能です。
それが今回の仕様変更によってフタと一緒に本体背面部分までも折れ曲がって開閉するため、当たり前といえば当たり前ですが、今までのようなスムースなデバイスの出し入れが多少難しくなります。

感覚的な違いとしては
現行モデル:ペラリ→スポッ→パチリ

新型:ガバッ→→スポッ→ガボッッ
こんな感じ。(分かりづらいですがそんな時は目をつぶって心で感じてください。。)

手軽さと安心感とのトレードオフ、これをどう考えるかなかなか難しい判断になりそうですね。。
今後アップデートをお待ちください。

<リンク>
デュアルスロットケース(国立商店 ストアページ)