国立商店BLOG

ジャパンクオリティーのオリジナル製品を作ります。

*

10インチのSurface Goは、10.5インチiPad Pro用レザースリーブに入る?と聞かれたので試してみました。

      2018/08/15

Surface Go、いいですよね。
10.5インチiPad Proとほぼ同じコンパクトなサイズ感に、ちゃんとしたキーボード&トラックパッド装備。(別売りですが)
Apple製品のユーザーとしては、こういうMacOS搭載デバイスが欲しいんだけどなーと指をくわえつつ、各メディアの記事を読み漁っています。
そんな中、知人が海外から取り寄せまして、実機を持って自慢しに来たスリーブに入らないか聞きに来てくれましたので、実際に収納して試してみました。

サイズ比較
■Surface Go(10インチ):245 mm x 175 mm x 8.30 mm(522g)
■iPad Pro(10.5インチ):250.6 mm x 174.1 mm x 6.1 mm(477g)

Surface Goは、iPad Proに対して、長辺方向で約5.6mm小さく、短辺方向で0.9mm大きく、厚みが2.2mm厚い感じです。ついでにいえば45g重いです。
上回っているのは短辺方向の0.9mmと厚みの2.2mmですから、これならなんとかなるのでは? と思ったのですが、さて結果は……。

まあ入るといえば入る。

……煮え切らない感じの答えになりました。^^;

Surface Go タイプ カバーを装着しないSurface Go本体のみで収納する場合は、あつらえたのかというくらいぴったりサイズでした。スッと入る感じも、入ったあとの収まり具合もぴったりでしたよ。

しかしながら、Surface Goを本体だけで運用する人はほとんどいないと思いますので、実際にはSurface Go タイプ カバーも一緒に収納できなければ意味がないですよね。
そこでSurface Go + Surface Go タイプ カバーという構成で収納してみましたところ……

Surface Goにカチッと留まるジョイント(マグネット)部分がはみ出してしまいました。

Surface Go タイプ カバーをSurface Goに装着した場合、ここは仕様上ポコッと出てしまいますが、そのポコッとした部分が見事に入りきらない感じです。
加えて、革が馴染む前の新品のスリーブでは、厚みが増える分出し入れもかなりキツいです。

Surface Goにカチッと留まるマグネットのジョイント部分が見事にはみ出しました。

 

この状態を持って入るかと聞かれますと……まあ入るといえば入る。
という答えになったわけです。(笑)

とはいえ、単純に「入る」ということと、「快適&安心して使える」という事との間には大きな差がありますので、国立商店(メーカー)としては、「一部がはみ出してしまい、しっかり収納できていないため、おすすめできません。」というのが公式回答になります。
とても小さなサイズ差ですから、うまく入ってくれると良かったのですが、残念な結果でした。

それにしてもこのSurface Go、本当にいいデバイスですね。
手に持った時の絶妙な大きさと重さが丁度良くて、思わず外に持ち出して使いたくなります。
キーボードは多少タイピング音が大きいことと(あくまでもiPad用Smart Keyboardと比べたらの意)、タイピング時に若干のたわみを感じましたけれど、これは構造上仕方ないし、そもそも打ち心地自体は好みだしアルカンターラ素材もサラサラで気持ちがいいし、とても好感触でした。
絶妙な感じで収納不可な状態を見てしまうと、専用スリーブを用意したくなってしまいますね。

Surface Go タイプ カバーを装着していないSurface Goのみの状態。ジャストフィットです。

Surface Go タイプ カバーを装着していないSurface Goのみの状態。反対側にひっくり返して収納。

Surface Go タイプ カバーを装着した状態。サイズアップしてしまうジョイント部はこんな感じ。

Surface Go タイプ カバーを装着して実際に収納したところ。

ジョイント部の出っぱりと、カバー自体の厚み分が増えるためしっかり収納できません。

Surface ペンはどうかというと……

収まるのは収まったものの、抜けてしまいそうで大変心許ないです。(収納不可と考えてください。)

スリーブの背面側から見たところ。

なぜこんなにしわだらけで穴まで開いているのかはこちら→【店長の私物紹介】職人が作るレザースリーブ for 10.5インチiPad Pro | 国立商店BLOG

 

ここから先は誤解が生まれてしまいそうなため書こうか迷った部分なのですが、、
個人的な感想を言えば、もしもこのデバイスが自分のもので、なおかつ外へ持ち出す機会が少なからずあるのであれば、こんな収納具合であっても使ってしまうかもです。(あくまでも個人的な意見です。推奨はしていませんので誤解なきようお願いします。)
長辺方向のサイズ感は悪くないし、Surfaceに傷がつくよりはいいかなということで、むき出しによる無防備な部分があるリスクも込みで使用してしまうかもという気持ちです。

以上、10インチのSurface Goを10.5インチiPad Pro専用レザースリーブに入れてみるとこんな感じになりますよ、という収納報告でした。

 

<参考リンク>
職人が作るレザースリーブ for 10.5インチiPad Pro
 

 - お知らせ, 収納確認 ,