国立商店BLOG

ジャパンクオリティーのオリジナル製品を作ります。

*

CL3 Std/Dx活用法

   

先日リリースしましたCL3 Std/Dx、お陰様で大変好評です。どうも有り難うございます。
さてそんなCL3 Std/Dxですが、手持ち/ショルダーベルトを繋げての肩掛け/バックパックスタイルのうち、皆様どのスタイルをより頻繁に使っているでしょうか?
その時々でスタイルを変えつつ万遍なく使うと言うよりも、個人的な経験から言えば、一番頻繁に使うスタイルを基本セットとして、大体いつも同じスタイルで使うことが多いのではないかと思います。
私の場合、バックパックスタイルがデフォルトでして、(せっかくの3Wayバッグなのに、もったいない使い方だなあと思いつつ)大体このまま自転車にも電車にも乗ってしまっています。(^_^;)
そんなバックパックスタイルを基本で使っている(あるいは使いたい)ユーザー様限定となりますが、少し便利な使い方のご提案です。
その使い方とは、ずばり、デジカメ用のインナーソフトボックスを組み込んでしまうというものです。


写真のインナーソフトボックスは、HAKUBA社謹製「インナーソフトボックス2型」。
CL3 Std/Dxは、仕様上マチ部分にクッション材を入れていないので、これで心理的安
心度も上がり、また便利さも倍増です。
なおこの「2型」の場合、マチ部分の厚みとの兼ね合いから、同時にPCも収納するのは
多少きつい場合もあります。ご自身の利用スタイルに合わせて選んでみてくださいね。

過去Short Shoulder(販売終了品)のエントリーでも書きましたが、CL3 Std/DxもPC収納スペースがフラップ式になっており、使わない時には平らになる仕様です。
内側にはその他の出っ張りもないため、このソフトボックスとの相性がとてもいいのです。
CL3 Std/Dxをバックパックスタイルにしてソフトボックスを組み込むと、バッグの下半分程度がソフトボックスで保護されます。
ソフトボックス内には調節可能な仕切りがありますので、あとはデジカメを入れてもいいし、他に小物類を収納しても使い勝手がいいですよ。
<リンク>
国立商店@CL3(3Way Bag)
ハクバ写真産業株式会社(勝手リンクです。すみません。)

 - 製品情報