国立商店BLOG

ジャパンクオリティーのオリジナル製品を作ります。

*

Kindle Oasis用レザースリーブの開発が始まりました

   

きっかけはお客様からのお問い合わせ(リクエスト)でした。
「お気に入りのKindle Oasis用のレザースリーブがあったら、読書体験がワンランク上がると思うのでぜひ製品化して欲しい欲しい。」

お気に入りのデバイスをスリーブから取り出す、使い終わったあとにスッとしまう − こういった動作がデバイスに対する満足感や読書の充実感をグッと引き上げてくれること、よく分かります!
タイミング良くAmazonのセール期間中にOasisを少し安く購入でき、その使い勝手の良さを個人的にも実感したところだったので、その実機を元に企画を進めることにしました。

とはいうものの、実は以前、(Oasisではない)Kindle用のスリーブの製品化を検討したことがあって、その際のヒアリングでは「せっかくお得に買ったKindleに高級な(に見える)入れ物は不要」という意見が大多数だったため、開発を断念した過去があります。なので今回のOasis用はドキドキしながら進めています笑
もっとも無印KindleやPaperwhiteと違って、Oasisは高級路線のデバイスなので、下位モデルとは性格が少し違いますよね。
大人が外で使う時に恥ずかしくないものが欲しい、というニーズがきっとあるはず、と信じて突き進みます。

単純な長方形に見えますが、実際には0コンマ以下の単位で形を調整した多角形です(でも実物を触っても分からないので果たしてやった意味は…という感じ笑)
取り出し口はお馴染みのフロントを一段下げたデザイン

そんな葛藤の中で実機にメジャーを当てて採寸し、PC上でデータ化した後、職人が切りだし縫い合わせて出来上がった試作品がこちら。
絶妙なフィット感を出せました。

心配していたOasis背面の大きな段差についても、収納時に引っかかって入らないなどの大きな影響はありません。
ただし、大きく「あたり」が付きますね。
収納する向きをきちんと決めて入れないと、最終的にはスリーブの表も裏もボコボコになりそうなので、この点は利用時に気をつける必要があります。

デバイス段差部分の「あたり」
13インチMacBook Pro専用との大きさ比較
デバイス上部の電源ボタンは、丁度スリーブの合わせ目のデッドスペース位置にくるため、意図しない電源のオンオフはなさそう
試用中のサンプルとKindle Oasis 実際に出先で読書(とデバイスの出し入れ)をしながら、気になるところがないかを検証中

現在、工賃や原価計算をしつつ、平行して問題が出てこないか試用中です。
なんとか製品化にこぎ着けたいですね。
製品化が気になる!という方は是非Instagramtwitterをフォローの上、いいねをもらえると励みになります
次回アップデート、または発売開始をお待ちくださいませ。

 - お知らせ, 職人が作るレザースリーブ, 開発中の製品