ブライドルレザー」タグアーカイブ

20枚の写真で紹介する 職人が作るレザースリーブ iPad mini 6用 ブリティッシュグリーン(ブライドルレザー)

当店の人気モデル、ブリティッシュグリーンのブライドルレザーを使って製作した「職人が作るレザースリーブ iPad mini 6用」を紹介します。
iPad mini6は、ユーザーによって、素で使いたい、ケースに入れて保護しながら使いたい、Smart Folioも込みで使いたい(時々外したい)、Apple Pencilも常時/時々/できたら使いたい等などユーザーそれぞれのスタイルがあり、ワンサイズでの提供が難しいと判断し、「ジャストサイズモデル」「Smart Folio対応サイズ」の2種類をラインナップしています。
微妙な大きさの違いですが、それぞれ以下のように分けています。

ジャストサイズモデル
シンプルにiPad mini6だけを収納するサイズ感のスリーブケース
Apple Pencilは基本的には一緒に使うことを想定していないため、幅広ゴムバンドは付属しません。iPad mini6のマグネット機能を使うことで一緒に持ち運べそうではありますが、ケースからは半分ほど出ます。(のでおすすめしません。Apple Pencil利用時には「1本入れ レザーペンケース Apple Pencil用」などを別途ご検討ください。)

Smart Folio対応サイズ
Smart FolioとApple Pencilを一緒に使うことを想定してジャストサイズモデルよりも一回り大きく作ってあるモデル
Apple Pencilの持ち運びも想定し幅広ゴムバンドが付属していますが、ジャストサイズモデルと同じくスリーブケースから少しはみ出ます。(のでゴムバンドで留めてください)

このブリティッシュグリーンを含むブライドルレザーモデルは、革の表面に白くブルームが乗っています。
これは革が吸収しきれなかった油脂成分です。
ブルームは使う前に落としてしまってもOKですし、使いながら落ちるに任せるのもOKです。
なお、気温が低く乾燥している時には粉状ですが、(特に日本のような)湿度が高い梅雨時期や夏場にはちょっと粘度がある感じになるため、他のものに付着するのが気になる場合は、最初に軽く拭って磨いてしまってもいいかもしれません。ご購入の季節や環境によってお好みでどうぞ。
なお、このブリティッシュグリーンは良くも悪くもロットによっての色ぶれがあり、深みのあるものや最初から艶感の高いものなどがあります。これは現地で仕上げている職人さんの個性でしょうかね。
その時々に仕入れたフレッシュなブライドルレザーを使って製作していますので、お手元に届いたものが縁のあったものとしてぜひ末永く使ってください。
また、ブライドルレザーは基本的にはタンニンで鞣したヌメ革のため、表面に加工を施しているわけではありません。シワや血筋、傷など意外と個性豊かな表情を持っていますので、そういった革の個性も含めてお楽しみください。

ブルームの付着具合参考例(乗り方には個体差があります)

ロットによる色ぶれ参考例

幅広ゴムバンド(Smart Folio対応サイズにのみ付属)
Smart Folio対応サイズ
Smart Folio対応サイズ(Apple Pencilは半分ほど出ます。)
Smart Folio対応サイズ
Smart Folio対応サイズ
Smart Folio対応サイズ
ジャストサイズモデル
ジャストサイズモデル
ジャストサイズモデル(Apple Pencilは半分ほど出ます)
ジャストサイズモデル(Apple Pencilは半分ほど出ます。)

皆様からのご注文をお待ちしています。

<リンク>
職人が作るレザースリーブ iPad mini 6用(国立商店ストアページ)

【収納確認】レザースリーブ iPad Pro用 + MOFT X 多機能タブレットスタンド・Snap-On タブレットスタンド

MOFT社のタブレットスタンドを「職人が作るレザースリーブ iPad Pro用・ジャストサイズモデルに装着したまま収納できますか?」というお問い合わせをもらいましたので、実際に収納しました。

結果は、2点ほど注意点はあるものの、収納可能です。
一点目は、出し入れ時に関して、時々スタンドを入り口に引っかけてしまうことがあること。
もう一点は、タブレットスタンドを装着したまま収納すると、スタンドの形状に沿って跡が付いてしまうこと。これは型押しレザーに比べて、ブライドルレザーモデルは特に目立ちます。
使用上は問題はないものの、ポコッと張り出すので、一旦気になり出すともう目がそこにばかり行きがちです笑
また、張り出している部分は、置いていてもバッグの中に収納していても擦れてしまいがちです。

以下実際の収納写真をご覧くださいませ。

左:MOFT X 多機能タブレットスタンド+iPad Pro11インチ
右:Snap-On タブレットスタンド+12.9インチiPad Pro
手前:MOFT X 多機能タブレットスタンド+iPad Pro11インチ
レザースリーブ=ジャストサイズ エンボスブラック(国産型押しレザー)
奥:Snap-On タブレットスタンド+12.9インチiPad Pro
レザースリーブ=ジャストサイズ ネイビー(ブライドルレザー)
左:ジャストサイズ ネイビー(ブライドルレザー)
左:ジャストサイズ エンボスブラック(国産型押しレザー)
右:ジャストサイズ ネイビー(ブライドルレザー)
どちらもiPad ProにMoftスタンドを貼って収納しています。

MOFT社のタブレットスタンドは、iPad を素のまま使っているユーザーにはもはや必須アイテムなのでは?といえるほど便利ですよね。私店長も個人的に使っております。
デバイスの保護に当店のレザースリーブをご利用の上、MOFT社のタブレットスタンドを便利に使ってみてはいかがですか?

<リンク>
職人が作るレザースリーブ 11インチiPad Pro・12.9インチiPad Pro用(国立商店 ストアページ)

<参考>
・MOFT X 多機能タブレットスタンド(9.7インチ通常サイズ)=スタンド背面に接着剤がついていて、貼り付けたままにしておくタイプ。
・Snap-On タブレットスタンド=スタンドに付属の四角いマグシールを介してスタンドを貼り付けるタイプ。
MOFT社WEBサイトリンク(別ページで開きます。)

ブリティッシュグリーン(ブライドルレザー)の在庫状況に関して

当店のレザースリーブのラインナップの中でも人気の高いブリティッシュグリーン(ブライドルレザー)につきまして、輸入商社さんでの急な需要増のために在庫がなくなってしまった旨、連絡がありました。
「既にイギリスのタンナーには発注済みではあるものの、コロナ禍により製作および輸入等の諸々について難しい状況にあるため、明確な入荷予定時期は見渡せず、最も遅れる場合、夏頃になる可能性もあります」とのこと。がーん。

ブリティッシュグリーンモデルの今後につきましては、既に生産済みの在庫と、ただいま当店で少しだけあるストックを使って製作する分がなくなり次第、一旦販売休止となります。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞご了承ください。

グリーンをご検討くださっている方は、ぜひ在庫があるうちにどうぞ。
皆様からのご注文をお待ちしています。

国立商店 ストアページ

職人が作るレザースリーブ・フラップカバーケースにブライドルレザー製クラシックブラックモデルを追加しました。

この度、職人が作るレザースリーブ MacBook Air/Pro用およびフラップカバーケース 11インチiPad Pro用、12.9インチiPad Pro用のそれぞれのモデルに、英国ブライドルレザー製「クラシックブラック」を追加しました。

このブライドルレザー製のブラックモデルは、過去にMacBook Proシリーズ用にラインナップしていたことがありまして、今回は再販売ということになります。
なぜまたブラックをといいますと、実は深いわけがあるのです。


春頃からの例のウィルス禍により、世界中で自粛やロックダウンがあり、ブライドルレザーのご当地イギリスにおいても、革を作ることも出荷することもできず、完全にストップしてしまう状況になってしまいました。
輸入代理店さんからは、「次回入荷予定は全く立っておらず、状況が好転するのを祈るしかない」という連絡をもらいまして、完全お手上げ状態です。
人命最優先ですから、(好転をお祈りしつつ)できることをできる範囲でやるしかありません。
幸いにも、ブラックをはじめとした定番カラーは輸入代理店さんに豊富に在庫が揃っているという事だったので、ブラックを復活させた次第です。コロナめ。
数年ぶりに仕上がったブラック。奇をてらわずにド直球のブラック。やっぱり定番色はいいですね。飽きずに長く使えそうですよ。

そして発売開始早々に、なんと輸入代理店さんから輸入再開の報をもらいまして、晴れてカラバリが豊富になってしまったというわけです。コロナめ。
既にブラックはエンボスブラック、ボックスカーフ、ワープロラックスモデルがありますので飽和状態です。
もしかしたら頃合い(人気具合)をみて、再び販売終了とさせていただく場合もありますので、どうぞご了承ください。

皆様からのご注文をお待ちしています。

<リンク>
職人が作るレザースリーブ MacBook Air(2018)用
職人が作るレザースリーブ 13インチMacBook Pro 用
職人が作るレザースリーブ 16インチMacBook Pro用
フラップカバーケース iPad Pro・Surface Go用
フラップカバーケース iPad Pro 12.9インチ(第3世代)用

ブライドルレザー製品に現れる「ささくれ」は取っていいもの?

スリーブケースやフラップカバーケース、その他の国立商店の革製品を使い始めて程なくすると、断面のコバ塗料が「ささくれ」のように剥がれてくることがあります。
これ、なんの予備知識もなしにそんな状態を見つけるとびっくりしますよね。(すみません。)

私店長遠藤も数年前の開発時に、初めて試用したスリーブケースでささくれのように剥がれたコバを見た時には、慌てて職人に確認したことがあります。笑
結論から先にお伝えすると、これは取れてしまってOKです。
下記にクローズアップ写真を掲載してあるのでご覧いただきたいのですが、ささくれてポロポロと取れてしまうのは、ある意味不要なコバ部分なのです。

当店の革製品の中でも特にブライドルレザーを使った製品においては、断ち落とした革の断面にコバ塗料を塗って仕上げているのですが、顕微鏡で見るように革の断面を見てみると、断面には微細なデコボコがあります。(生々しいですが、元は牛の皮ですからね。)
ですので、断面部分のコバはしっかりと噛んで乗るため剥がれるようなことはないはずですが、こと表(おもて)面に関しては少し事情が違ってきます。
10週以上かけて油脂(蝋)成分を染みこませ、革の繊維を引き締めているブライドルレザーの表面は、蝋成分がコーティングの役割を果たし、コバ塗料が乗りづらいのです。
ポロポロと取れてくるのはその表面側に付着しているコバで、これはブライドルレザーの革の特性上避けられないため、仕様ともいえます。

使い始めて程なくすると現れることがある、ささくれ状のはみ出したコバ塗料
よーく見てみると…
断面側ではなく、表側のコバが取れてきているのが分かります。

 

剥がれてくる余分なコバ塗料は、無理に剥がそうとせずにそのまま取れるに任せてください。
革の断面はコバ塗料がしっかりと噛み合っているので、余分な「ささくれ」が全て取れた後には、綺麗なコバ面が残ります。
どうぞご安心の上そのままお使いいただければと思います。

 

<リンク>
MacBook/Air/Pro用職人が作るスリーブケース各種(国立商店 ストアページ)
iPadシリーズ用スリーブケース・フラップカバーケース各種(国立商店 ストアページ)
革小物各種(国立商店 ストアページ)

【新色追加】デジタルデバイスのためのレザーケース「Lファス テックポーチ」に新色ネイビーを追加しました。

デジタルデバイスはスマートに使えても、付随するケーブルやアクセサリー類を持ち出そうとすると、決まって混乱しがち。まとめて持ち出せば探し出すのも面倒だし、絡まったり、アクセサリーどうしで傷つけてしまうことも。
そんな雑な状況にならないように、ケーブルも小物もゾーンに分けてまとめて収納できるレザーケースが「Lファス テックポーチ」です。

この度、そんなテックポーチに英国ブライドルレザーで製作する「ネイビー」が新色として加わりました。
落ち着いた深い色味のネイビーです。派手さはありませんので、年代・性別問わずにお使いいただけますよ。
もちろん、同色のブライドルレザーで製作するマグネット式レザーコードホルダーも一つ付いてきます。
初回入荷数が限られていますので、ぜひお早めにどうぞ。


<リンク>
Lファス テックポーチ(国立商店 ストアページ)

9枚の写真で紹介する職人が作るレザースリーブ ネイビー(英国ブライドルレザー)

英国Thomas Ware & Sons 社製ブライドルレザーを使って仕上げたレザースリーブのネイビーがラインナップに加わりました。
ブライドルレザーといえば、表面が白い粉(ブルーム)に覆われているのが特徴の堅牢なレザーです。

今回、初めてのロットが仕上がってきましたので、早速写真を撮影しました。
ご覧のように「え?これブラックでは?」と思わず二度見するほどの濃い色となっています。
正直に言えば、ブライドルはロットによってブレがあります。
グリーンを例にすれば、過去から今までを見ると、より一層深いグリーンの時も、やや鮮やかな方向に振れている時もその反対の時もありました。
ネイビーも、ロットによって、あるいは季節によって、または英国の職人さん(の個性)によって多少の違いが出ることがあると思います。どうぞご了承くださいませ。
ブライドルの良いところは、使う程にツヤ感が増してゆくことです。
使い続ける程に綺麗なネイビーに「仕上がって」行くと思いますので、楽しみながらお使いくださいね。

ご注意をもう一点。ブライドルレザーはブルームに覆われていることから、ブルームを取り除いてみるまでは小さな傷などが分からない時があります。
こういう傷は正直に言えば取り除けません。届いたものが縁のあったものとしてお使いいただけますと嬉しいです。
もちろん、気になる場合には当店までご確認くださいませ。

 

<リンク>
職人が作るレザースリーブ for MacBook/Air/Pro13/15インチ
 

【入荷案内&新色案内】ブライドルレザー x パラフィン帆布ポーチが入荷しました。

長らく在庫切れとなってしまっていた「ブライドルレザー x パラフィン帆布ポーチ」が2タイプ入荷してきました。
1つは人気色「ブリティッシュグリーン」と、もう1つは今回初めての入荷となる新色「ダークブラウン」です。
本品は、レザースリーブなどの比較的大きな面積が必要な革を取ったあとに残る小さな革を組み合わせて作っています。
残った部分とはいえクオリティーの良い革を選び出していますので、通常の革商品と何ら違いはありません。
どちらも英国Thomas Ware & Sons 社のブライドルレザーを使っています。しかも内側のポケットにもブライドルレザーを使い、更にはブライドルの裏面にはマイクロファイバーも貼り合わせていまして、良い意味で値段に見合わないクオリティーに仕上げてあります。

ぜひ革の風合いを手にしてみて欲しいという理由からリーズナブルにご提供していますので、気になるものがありましたら、ぜひご検討ください。
どちらも数量限定でなくなり次第またしばらく(革が一定数たまるまで)販売お休みとなります。ぜひご検討ください。

<リンク>
レザー x パラフィン帆布ポーチ(国立商店 ストアページ)